BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/03/16

今年気をつけたいことー依存・中毒

「今年はどんなことに気をつけたらいいですか?」

よく聞かれる質問です。

 

今年、すべての人に共通で気をつけてほしいのは
飲酒や薬物の摂取についてです。

嗜好品も入れてもいいでしょう。

人それぞれですが、甘いもの、刺激性のある食べ物など、
あまり良くないと感じつつも、止められないもの。
砂糖もドラッグの一種だと言及するドクターもいますね。

 

物理的に依存しているものについて、
中毒を起こしていないか、本当に必要かどうか、
常習している薬などを、点検してみることをおすすめします。

依存症、中毒症状という意味でいえば、
ゲームやSNSなども入りますね。

 

思い当たることがあったら、
それから、なるべくそれから離れる工夫、
手を引くことを検討されることをおすすめします。

 

なぜならば、

2019年のトピックである、
射手座木星と、魚座の海王星のスクエアの影響は、
過剰にしてしまう、中毒症状を深めてしまう
恐れがあるからです。

木星と海王星のハードアスペクトは、
メディカル占星術では、アルコールや薬物の乱用や中毒症状に関係します。
医療行為においては、誤診のリスクも示します。

出生図にこの配置を持っていると、
お酒好きだったり、飲酒や薬物などが原因で
世間にお騒がせな事件を起こしたりといった傾向もあります。

私が知っている酒豪の知人も、この配置を持っていました。

 

しかし本来この配置を持っている人は、才能豊かです。
アーティストや芸能人が、麻薬や飲酒に関する事件を起こすなどの例の通りですね。

夢を与えるような創作活動をするクリエイターであり、
作家だったらファンタジーやSF作家です。
そしてアカデミックな世界で特別な地位を獲得することが出来る人です。

なので、今年はアートやスポーツなどカルチャーが面白い年でもあるわけですね。
エポック的な出来事も多そうです。

 

魚座の海王星
射手座の木星

ともに本来の座であり、
この2つ天体のハードアスペクトは、
飛躍し、度を超す働きは最強です。

浪費や散財にも関係のあるアスペクトです。

 

コカインで逮捕された芸能人の事件が報道されました。
こうした問題はこれからまだまだ出てきそうです。

去年10月にカナダ政府が大麻を合法化したことは、
壮大な「社会実験」と言われてますが、その行方も気になります。
日本の医療分野では透析中止の事件に物議が起きてます。

 

マクロビオティックの久司道夫さんはこう表現しています。

私たちは、宇宙に存在するあらゆるものを食べて生きています。

物質的な栄養と
精神的な栄養がある。と。

物理的食物を多くとると、
非物質的つまり精神的食物の摂取量は少なくなります。

精神的食物を少なくとると、
物質的食物の摂取量は多くなります。

 

自由なからだとこころでいるためには、
物理的な影響を少なくしていく方がいい。

そして精神的な栄養をたくさん摂りたいところ。

 

からだの仕組みは、全体が連動していますから、
同じ柔軟サインの乙女座も双子座も関係してきます。

特に健康問題や医療に関係する乙女座、
支配星の水星が強調されますので、
健康問題が浮上しやすいのですね。

実際にここにきて、健康問題に向き合っている人が多いです。

 

アメリカの健康志向に影響しているものの一つに、
健康に関するドキュメンタリー映画があります。
代表的なものは「フォーク・オーバー・ナイブス」ですが、

2017年の「健康って何?/What the Health」は傑作です。
※Netflixで見られます。

この映画を見て、食生活を変えたセレブたちが
自身のSNSを使って呼び掛けをしたことが話題なったことを
いくつか目にしました。

この映画では毎日大量に摂取していた薬をやめて
食事を変えただけで、数週間のうちに薬から解放されて
元気になった人の姿がレポートされています。

製薬会社をこれ以上儲けさせる必要はないですね。

 

体もこころも、自然の力で癒されるものだと思います。

気になる方は、ぜひご覧ください。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ