BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/08/31

せめぎ合いの調整 旧暦8月の新月

第三の眼代々木店のぐらはです。

8月30日新月を迎えました。
サインは乙女座7度
旧暦8月1日中秋の新月です。

 

このところ活発な秋雨前線の影響で、記録的な大雨が降っています。
北からの冷たい風と、南からの熱い風との
せめぎ合いで起きている現象です。

8月下旬から、9月は台風が多いシーズン。
いつ強風や豪雨に見舞われるか油断できない時です。

秋もだんだんと深まっていくわけですが、
すっきりと安定した秋晴れを迎えるのはまだ先になりそうです。

 

旧暦8月1日は、別名「八朔(はっさく)」。
新月を朔月といいますから、八朔は8月1日のことです。

この「八朔」、これに「二百十日」「二百二十日」を加え、
悪天候を意味する農家にとっての三大厄日とのことです。

 

今年は、
立春から210日目の「二百十日」は、9月1日。乙女座9度。
この日は防災の日。1923年に関東大震災がありました。

さらに10日後の「二百二十日」は、9月11日。乙女座19度。
2001年のアメリカ同時多発テロから18年目です。

 

乙女座にあたるこの3つの日は、
農家さんにとっては、収穫前のとても大切な時期であるために、
実りの状態と、気候の変化を注視する日となります。

決して気を緩めることのできない、
注意喚起の目安日のようです。

 

実際に、甚大な被害を出した歴史的な台風の
時期を調べてみると、9月の秋分前後です。

室戸台風、9月21日(昭和9年)
枕崎台風、9月17日(昭和20年)
洞爺丸台風、9月26日(昭和29年)
伊勢湾台風、9月26日(昭和34年)

 

秋分は成果を刈り取るときです。

今年の春スタートした活動の成果を見るときです。
どんな成果が期待できるでしょうか?

 

成果とは、
「食べておいしい」、「人によろこばれる」、「誰かのためになる」
ことにつながることですね。

そのために自らを刈り取り、「提供できるもの」へと作り上げる作業に
心を尽くしていく時なんだろうと思います。

例えば、
収穫された美味しい果物をそのまままに、
または、ケーキやデザートに仕立てたりと工夫を加えたり、
収穫のよろこびと、それを食べた人の「おいしい」顔を想像しながら、
細心の注意を払って商品を作り、美しくパッケージして出荷の準備をするようなもの。

 

しかし、
自然の猛威に根こそぎ刈り取られる恐れもあります。
身を守ること、冬への備えや、危機管理ともセットです。

今できることは何だろうか?
今やるべきことは何だろうか?

来る本番、出荷に向けて準備したいことは山ほどあります。

 

乙女座の新月
しかも水星、金星、火星も加わり5天体が勢ぞろいです。

どんな現場も、せめぎあいの調整で忙しくなりそうです。

 

成果の前には、
職場で日々の仕事をこなしていく姿があります。

働く人には、ひとそれぞれの努力や配慮があり
現場には、極めて現実的で、膨大な実務作業があります。
そこから工夫が生み出され、現実のディテールが表現されるのです。

それが乙女座のフィールドです。

 

 

からだも同じく、せめぎあいの調整が起きています。

以前、治療のためにしばらく整体に通っていまいました。
中医学の講師でもあった施術師から実にいろいろなことを教えてもらいました。

 

人のからだは季節の変化の応じて
開いては閉じるというエネルギーの交代があるといいます。

春は内側から外へと生命エネルギーがひらき、
肝臓が活発になる。

秋になると外から内側へと閉じていくき、
腎臓が活発になる。

 

だから、体が変化するのは、
春と秋それぞれのはじまりのころです。

その交代のときに、からだがもっとも動くため、
不要なものを排出する、デトックスが起きるため不調を感じやすいのです。

だからこの時の不調は、調整が働いている証拠で、
自然なことだといえるでしょう。

体質改善に取り組んでいる人は、
春先と秋先の反応で、改善を見る目安になるというわけです。

 

秋は閉じるために、葉が枯れて落ちていくように、
エネルギーは内面へ向かうために、何となく寂しい思いが漂ってくるのは、
心の切り替えをしなければならないというサインのようです。

私は逆で、寒くなるとだんだん元気を感じはじめますが、。

 

占星術的には、
2月後半から3月、魚座にあたります。
8月後半から9月、乙女座ですね。

それぞれ、春分と秋分の前の柔軟サインです。

 

乙女座は健康や衛生、医療のサインです。
からだのケアをする重要なタイミングでもあるわけですね。

「実」がかたち造られる。
「身」を整える。

そのためには、日頃のルーティンや生活習慣がものを言います

もっとより良い自分のフォームを作っていくために、
日頃のルーティンや生活習慣の場面でも、
積極的な調整がすすめていきましょう。

変化する事態に柔軟に、自在に対応できるように、
変えられることは変えてみる、不要なものは処分してしまう。

自由と飛躍への強力な吸引力が働く今月は、
チャレンジングな調整へと向かわせそうです。

 

お月見、楽しめるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

KOYOMIよこみ~文月初秋満月から次新月まで

8月
30日(金) ●新月 乙女座7度(旧暦8月1日)
31日(土) やさいの日
9月
1日(日) 二百十日/防災の日
2日(月) 太陽と火星,合(0度)
4日(水) 火星と水星と太陽,合(0度)/金星と海王星,衝(180度)
6日(金) 上弦 射手座の月
7日(土) 太陽と土星,トライン(120度)
8日(日) 白露 太陽,乙女座16度
9日(月) 太陽と木星,スクエア(90度)/火星と土星,トライン(120度)
10日(火) 太陽と海王星,衝(180度)
11日(水) 二百二十日
12日(木) 火星と木星,スクエア(90度)
13日(金) 中秋の名月(旧暦8月15日)
14日(土) ○満月 魚座の月と乙女座の太陽/水星と金星, 天秤座へ
16日(月) 敬老の日

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ