BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/02/25

「長期的展望」は、結局のところ「太陽」が生み出す

多くの占星術家は

「この星の配置だから、こういうことが起こる」

といった表現をしがちなのですが

実は「星は何もしない」のです。 事を起こすのは「私達のほう」です。

 

惑星たちは太陽の周囲を楕円軌道を描きながら周り続けています。

 

そんな惑星達の星の今の配置、未来の配置をみれば
特定の時期に、特定の天体から「刺激」を受けることはわかりますが
「未来の自分が、どうなっているか」は、わかりません。

 

私たちの人生の長期的展望やテーマは「私達の内に」あります。

私達の意志を象徴するのは「太陽」です。

自らの太陽(自らの意志)に従って生きるとき
太陽が、今、空を移動している惑星達を照らすのです。

 

太陽系の天体のうち、
自ら光を放つ力があるのは「太陽」だけです。

 

太陽系のその他の惑星や準惑星、衛星たち
月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星等は
その光を「反射」して輝いているに過ぎないのです。

 

太陽の寿命が終わるとき、太陽系宇宙は終わります。
その代理を、惑星達が受け持つことはできません。

つまり。。。

惑星が私達を「不幸に陥れる」わけでも「成功をもたらす」わけでもなく
私達が、惑星たちの、一側面に「光をあてて」フォーカスしているだけです。

 

そうすると、惑星たちが光を反射します。
その反射によって、自らの意志や生き方が、照らしだされるのですね。

結果として「自分自身」「今の自分自身」への理解が深まる。

 

さまざまな「反射」による「気付き」をきっかけに
今までの方向性を加速したり、軌道修正したり、完全に方向転換したりする。
(あるいは、何もしない、という選択をする)

 

だから、もっとも遠くて長い展望
最遠の冥王星から生まれるのではなく
自分の太陽=意志や生き方から生まれます。

 

太陽系の10天体の中で、最遠の冥王星から刺激を受けたとき
太陽は非常に遠く長い射程距離を意識します。
それは「内なる長期的な展望」を意識化するきっかけになります。

 

太陽が、海王星からの刺激を受けたとき
その反射によって「想像」「夢」「幻影」が届けられ
内なる様々な可能性を意識化することができる。

 

でも、それらのビジョンや展望を具現化するのは
私達であり、星の仕業ではない、のです。

 

私は、そういうスタンスの心理占星術コンサルテーションを行っています^^

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ