BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2020/01/24

はじめまして!

このたび第三の眼に出演させていただくことになりました,

すずきふみよし

と申します。よろしくお願いいたします。

日ごろ第三の眼をご利用の方々も,そうでない方々も,ぜひともお見知りおきくださいまし。

せっかくなので名前だけでも覚えて帰って行ってくださいね(笑)

 

自己紹介のようなものはウェブページにアップしておりますのでご参照ください。

そちらにも書きましたが,私が得意とする占術は“サビアン占星術”です。

占星術についてある程度関心のある方ならば,なんとなくどんな方法なのかはご存知かも知れません。

サビアン占星術の本質は,そのオリジネーターたちによって練り上げられた“詩文”によって提示されています。

透視能力者エルシー・ウィーラーがビジョンを描き,それについて占星術家マーク・エドモンド・ジョーンズが言葉を書き留め整理し,それらを受けデイン・ルディアが勉強会のなかでブラッシュアップ——こうしたプロセスのなかで,サビアンシンボルというものは洗練化していくと同時に“複雑化”あるいは“秘教化”していきました。

しかし,この詩文についての解釈が,今日においては非常に多様化——と言うより混迷化しています。

もちろん,解釈が多様であることは問題ではありませんが,

・ぼんやりとした示唆多い言葉なので,それを「なんとなくわかったような気がする(かも)」というところに落とし込める

・解釈それ自体がゲーム化し,実在のパーソナリティや現実の事象への応用からほど遠く乖離している

といった状況が散見されるのは事実です。

これをいかに整理していくか——石塚隆一先生の言葉をお借りすれば“サビアンの色抜き”という非常に卓越した表現なのですが,これをテーマにして,勉強会の立ち上げに加わり,研究を重ねてきました。

 

“色抜き”を経て非常にピュアに磨き抜かれた,“本当の自分”に到達できるサビアンシンボルの解釈をお伝えしていきたいとかんがえております。

お話しできる日を心待ちにしております。

 

1月のブログテーマ『”占い” & “占い師” との上手な付き合い方』

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ