BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2018/09/29

私がプロの占星術家になったきっかけ

私がプロの占星術師に成ったのは
(あるいは、成れたのは) 勤めていた会社が倒産したからなんです。

 

2007年のことでした。

 

その頃の私は、エクステリア&ガーデンデザインの仕事をしており
2007年からは独立して、勤めていた会社から仕事を請け負う予定にしていました。

しかし、その当てにしていた会社が倒産したのです。

 

以前から、危険な兆候は、たっぷりあったのですが
「独立・独立」という気持ちが強まるあまり
現実をきちんと把握できていなかったんですね。

 

さて…
いよいよ、会社がヤバイ気配が濃厚となった頃
松村潔先生の講座で、代々木の空き店舗物件のことを聞きました。

 

小さくて、タロットをやるのに、ぴったりの場所だということ。

 

「誰か、あそこで、占いのお店をやりませんか?」

 

早速、私と仲間達はその物件を見に行き
みんなで借りてシェアする話が進んでいったのです。

私の勤めていた会社が順調であれば
この話は進まなかったかもしれません。

 

実際、かたい仕事をしている人たちや
起業のリスクを怖れる人たちは
立ち上げメンバーから脱落していきました。

 

私はと言えば。。。2007年8月、会社が倒産。

 

ちょうど時間ができたので、
お店の立ち上げにエネルギーを注ぐことができた
というか、これしかない、という感じだったのです。

 

しかし、お店をスタートしたとしても
すぐに充分な収入が保証されるわけではなく
私が担当するのは、週に1度か2度になるでしょう。

 

食べていけるはずがありません。

 

何か他にも仕事が必要だと思っていた矢先

 

スピリチュアル・セミナー会社を経営する友人から
事務を手伝ってくれる人を探していると聞かされました。

 

渡りに船と「私がやります」と手をあげました。

 

そんなこんなで…
2007年9月、第三の眼・代々木店を立ち上げ
セミナー会社でのアルバイトを同時スタートさせました。

 

倒産した会社からは
累計100万円以上の給与を踏み倒されたりと
崖っぷち、という表現が、ぴったりの状況でしたので
かなり、がむしゃらに、頑張ったと思います。

 

とは言え、うまくいかなければ
いつでも、ガーデンの仕事に戻ればいい
という気持ちもありました。

 

そうこうしている間に
2008年初頭には、占い課金サイトの企画の話も持ち上がり
2009年にはガーデンの仕事をしていた頃の収入を上回るようになりました。

 

ガーデンの仕事は、頑張っても頑張っても
壁にぶつかって押し戻されていたのに

 

こちらの仕事は、
壁はあっても、いつしか開けていくか、別のドアが開きました。
流れに乗っていく感じなのです。

 

そのようになって初めて
自分は、ガーデンよりも、こっちが向いている
と実感するようになりました。

 

実はガーデンの仕事をしていた頃も
副業的に、占星術鑑定はしていました。

 

けれども収入的には微々たるものだったので
メインの仕事になるとは思えなかったのです。

 

やはり片手間的にやるのと
後がない状況で本気になって取り組むのでは結果が違いました。

 

つまり、私の場合は、会社が倒産してしまったからこそ
自分の本当の仕事に、移行することができたのですね。

 

振り返ってみれば
自分の(表面的な)意志とは
違うところで働いている流れ
あるいは意志、の存在をを感じます。

 

物事がうまくいかないときは
「そっちの方向じゃないよ」
大いなる意志(私の本当の意志)が
教えてくれているのかもしれません。

 

それでも無理やり進もうとすると
「ガシャン」と、その道自体を閉ざされてしまう。

 

それも大いなる意志の
はからいかもしれないのです。

 

自分の道を振り返って、そのように感じます。

 

と同時に、この仕事に就くまでの経験は
どれも、とても貴重だった、無駄なものはなかった、とも思います。

 

2007年という年が
私にとって、占星術の仕事を本業にする
ベストタイミングだったのでしょう。

 

2001年から2年半
大阪の松村先生の講座でみっちり学び

2004年から東京に移住し、仕事のかたわら
松村先生の占星術講座に足しげく通いました。

2005年あたりから
石塚さんや仲間と心理占星術研究会も続けていました。

どう考えても、本業よりも、熱心に勉強していました。
そして、本業よりも、たくさんの友達や知り合いがいました。
ただ、占星術は、自分にとって、とても大切なテーマで、
一生、取り組んでいくつもりだったけれど
別にそれを仕事にしなくてもよかったのです。

 

それが、こちらを本業にすえようと思えたのは、
それまでの生活手段が消えたから。。。
そして自分で自分に、なんとかOKを出せる段階に達していたのでしょう。

 

占星術を勉強している方へのご参考までに
2007年は、MCにトランシットの冥王星が合
ソーラーアークの冥王星が月にスクエアの年でした。