BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/04/18

新生活の心得 心配ないさ~

こんにちは。

第三の眼代々木店の伊吹丹利です。

近所の大型スーパーのお花売り場に野菜の苗が並び始めました。

それを見ながら、今年こそは早めに苗を植えようと思うのでした。

ゴーヤに関しては、GWまでが目安でしょうか。

 

今月のテーマ「新生活の心得」について。

 

「案ずるより産むが易し」

 

先日、高校三年生になる次女が

始業式が終わった日にこう言いました。

「新しいクラスに一緒にお昼を食べる人がいなさそう。。」

新クラスは女子が少ない上に、

違うグループの仲良し数人組がいるとのこと。

(よくある話ですが。)

 

いくつか質問をして、とりあえず私の口から出てきた言葉は

「『案ずるより産むが易し』って言うでしょ。

意外と大丈夫だよ~」

この格言は、私が第一子を産むときに叔母から言われたものです。

言い古された言葉ではありますが、

すっと気持ちの切り替えができて

不思議と前向きになれたことを覚えています。

言葉とタイミングのマジックですね。

 

そして、

そのやりとりを聞いていた長女が

「うち、それわかる。。」と言うので、

「じゃあ、そのときどうした?」とたずねると

時間かな。。気が付いたら友達できてた。

次女:「ふーん。」

 

 

4月という時期、

私たちは小さい頃から

新しい環境、新しい人間関係、新しい生活が一度にやってくる、

という状況を、繰り返し繰り返し体験します。

 

外交的ですぐに友達ができるタイプ、

内気で人見知りなタイプ、など人それぞれですが、

そんなことはお構いなしに一緒に新しい環境に突入?します。

 

その時期を迎えるときに

一つ重要なことを挙げるとすれば、

「起きていないことを心配しない」

ということでしょうか。

 

こどもの性質によって、もしかしたら大人でも

難しい場合があると思うのですが、

小さい頃から新しい経験を繰り返す中で、

少しずつ訓練できると良いな、と思います。

 

心配したけれど大丈夫だったね!」という体験を

少しずつ積み重ねて、

それを意識させてあげると、

大人になるにつれてそれが自信となって、

自分で不安をコントロールできるようになるのだと思います。

 

「ご飯」の大切さ

 

4月はこどもも大人も結構大変で、

「あと○○日で連休だ~~」という気持ちで頑張りますね。

ただ、5月に気持ちが落ち込む場合も多いので注意が必要です。

 

月並みですが、特にこどもの心にとって

「食事」

がとても重要なのだな、と思います。

 

家族が作ってくれた温かいご飯を食べること、

たとえ、反抗期で何も話さなくても、

忙しくて一緒に食卓を囲めなくても

そのご飯を食べること、

おいしいなと感じること、

この当たり前のことが、日々の心のリカバリーにとって

とても大切なのだな、と実感しています。

 

食事作りは、つい面倒になったり手を抜いたりしがちですが、

この大切さを時々思いだして、

自分を戒めています(私の場合です(笑))。

 

・・・

世の中が大きく動こうとしている今、

コンサルテーションを

身体と心のメンテナンスにお役立てくだされば幸いです!

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ