BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/02/26

将来への恐れ

当店のお客様は
ある程度、占星術の勉強をしておられる方の割合が高く
勉強しているがゆえの「将来への恐れ」を抱えているケースがあります。

 

「トランシットの冥王星が出生図の●●の上にやってくるんです。」
「私は、どうなってしまうのでしょうか?」

 

一般的に冥王星は「死と再生の星」と呼ばれているので
このような「恐れ」が生まれてしまうのですね。

 

「死」というキーワードが恐れを掻き立てる。

 

「冥王星がやってくるのが怖い」
「何か不幸な出来事に見舞われるのではないか」

 

占星術の知識があるがゆえに、ネガティブな想像がふくらみ
恐れで頭がいっぱいになってしまうのなら
そんな知識は、なかったほうが、よかったかもしれません。

 

まあ、そう思いこんでしまう文献やWebサイトが原因なのですが。。。
実は、私も昔は怖がっていました^^

 

しかし、実際には、前の記事に書いたように
冥王星は、刺激している天体をとおして
私達の太陽(意志、生き方、選択の結果)
を反映して見せてくれるだけなのです。

 

もっとも遠く(奥深く)光が届きにくい部分を見せてくれます。

 

 

見えていないところ。
見ないようにしていたところ。

 

土星は、ある意味では、わかりやすい問題をクローズアップしてくれます。
物理的、具体的、計画的に対応できる問題。
そのため、周囲と共有しやすい問題。

 

冥王星は、その奥にある、もっと根源的な問題をクローズアップしてくれる。

 

たとえば健康問題を抱えているとしたら
冥王星が、本質的な問題に気付くチャンスをくれる。

 

「ものすごく不調になる」ことで、
やっと本当の問題に気づける、ということは多いです。

 

「不調」が悪いのではなく「不調となる原因」が問題なのです。
「不調」という形で、体は、もう限界、とメッセージしてくれている。

 

そんな風に、深いところでは、既に気づいていたけれども
そのままにしていたことに、向き合わざるをえなくなる。

 

それはつまり
それまでの自分を葬って、
生まれ変わるということでしょう。

 

それは、新たに長期目標を設定しなおす瞬間、でもあります。

 

だから、冥王星の影響下の出来事は
あとから考えると「救いの手だった」、と感じることが多いです。

 

ただし、そのとき、どんな選択をするのか。 行動を起こすのか、起こさないのか。
それは、私達次第。

 

心理占星術コンサルテーションでは
「気付き」まで、「気付き後」を、対話をとおしてサポートしていきます。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ