BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/02/24

効果的で「ハズレのない」一歩を

こんにちは、第三の眼代々木店のキタミチ テルです。

 

先日、お客さまから

「先の事を悩んでばかりで、自分は考える事をしていないなと」気付いた、というご感想をいただきました。

将来のことや周囲のことをあれこれと思い浮かべて動けなくなる、、、私にも大いに心当たりのあることです。

 

たとえば、

「あれはどうしよう」「これをどうしよう」

「○○しないと」「~~もそろそろ」

「△△したいな」「××をいずれ」

「でもきっと・・・」「やっぱりそれは・・・」

なんて「考え」がたくさん浮かんできて

でも、そのわりにちっとも「動けていない」から、苦しくなってしまう

 

意欲や希望がないから、ではなく

「現状をどうにかしたい!」からこその

「どうしていいかわからない!」という訴え

昨年末あたりから特に、増えているように思います。

2019年は、占星術でみると、タイトになっていく土星と冥王星の合(正確に形成されるのは2020年1月)を背景に、木星と海王星の柔軟宮スクエア(1月、6月、9月)が続くという特徴があります。

 

大きな目標、あるいは現状を徹底的につくり替えるために、挑戦と工夫を続ける方もあれば

明確な結果を求められる(かのような)重責を感じて、「決定的な一歩」を踏み出せないまま、時を過ごす方もあるかもしれません。

あるいは、厳しさや不安から目を背けて「よさそうなもの」に逃げるか

(そうするとますます焦りを強めてしまいそうですね。。。)

 

なかなかに難しい配置ではありますが

 

このところの【心理占星術コンサルテーション】では、むしろ

動けなくなるほど豊かな「想像力」を使って

望む未来に向か「効果的でハズレのない一歩をごく具体的に設定する」話し合いができているように思います。

 

「厳しい星回り」ならではの質問をしているのですが

みなさん、悩んでご相談に見えたのがウソみたいにスッと答えを出される。

 

「焦燥と迷い」が「強い目的意識と期待」に変わる・・・

占星術家にとっても嬉しく、わくわくする瞬間ですね。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ