BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/06/25

実際に「物申す」好機を活かす

こんにちは、第三の眼代々木店のキタミチ テルです。

 

ここを訪れてくださる方は、ご自身と周囲の方たちの【幸福】を意識されていることと思います。

 

であれば

 

この夏は参院選がありますね。

 

日々の取り組みの一環として、ぜひ投票に行かれるとよいでしょう。

 

 

「私たちの一票が日本の未来を・・・」というのはもちろんですが

 

選挙権を持ちながら、特別な理由もなく投票に行かない

 

その背後にある姿勢のほうを「あたりまえ」にしたくないからです。

 

「たかが一票」

「興味がない」

「何をしても無駄」

「面倒」

「よくわからない(けど、みんなそうでしょ?)」

「誰かが何とかしてくれる」

「絶対に間違えたくない(から動かない)」

「どうせ変わらない」

「いい選択肢がない(からどうでもいい)」

「私ひとりが頑張ってもね」

「何となく・・・(放置)」

 

こういった【諦め】【無関心】【人まかせ】が、人生の他の場面にも影響しないとは限りません。

 

・・・おそろしいことですね。

 

 

選挙への参加を個人のこととして考えると

 

「(わずかでも)できるだけのことをする」

「自分の意志を示す」

「自分なりに考えてみる」

「小さなチャンスを活かす」

「持てる力を発揮する」

「決断する」

「責任を果たす」

「すぐに結果が出なくても必要な行動を続ける」

 

といった、人生全般の改善につながる前向きな試みともいえるように思います。

 

望む結果にならなくても自分の意志で行動した気持ちよさは今後にいきるでしょう。

 

 

ノエル・ティル式の心理占星術に携わるものとしては

「星は何もしない、動くのは人間」

を実践するチャンスを逃す手はありませんし

 

木星が射手座にある今、社会について実際に

「物申す」

好機ともいえるでしょう。

 

次の参院選、ご自身と周囲の方たちの【幸福】のために

ぜひ、活用してくださいね。

 

2019年6月のブログテーマ:”物申す” その伝えかた

 

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ