BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/09/30

明治生まれのおばあちゃんに学ぶお手当

こんにちは。第三の眼 代々木店の光咲 葵です。

9月も今日で終わり、明日から10月です。

朝晩は涼しくなったようで、まだ蒸し暑いですね。

体調管理が難しい季節の変わり目です。

8月のブログテーマは「大人の自由研究」でした。

ちょうど8月に明治生まれのおばあちゃんが書いた「お手当」の本を貸していただきました。

日常にあるものをつかって健康管理をしてきた様子がよくわかり、現代にも生かせるものは活用しようと「自由研究」のテーマにしました。

その中で、皆様にも役立ちそうなものを少しご紹介します。

「茄子のへた」と「柿のへた」です。

茄子のへたには炎症を鎮める物質かあり、黒くなるまで焼いて、口内炎や歯痛の患部につけると炎症が収まるそうです。

焼いたへたを塩と混ぜて歯茎に塗ると歯槽膿漏の予防になるそうです。

柿のへたは「しゃっくりが止まらないとき」に使います。

柿のへたを煮たものを飲むとしゃっくりがとまるそうです。

しかし、実際に自分でやってみるには、どうやるのかよくわからないこともあります。

幸い、これらはできたものが販売されています。

柿のへたは生薬の柿蔕(シテイ)として、茄子のへたのほうも歯磨き粉として市販されています。

まずは使いやすくなっているものから生活に取り入れていくのがいいですね。

関心のあるかたはお試しください。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ