BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/11/30

大人の学び

こんにちは! 第三の眼 代々木店の光咲 葵です。

先日、40代のクライアントさんから「大学の哲学科に社会人入学します」という連絡がありました。

社会人になって数十年働いた方や主婦で子育てが終わった方から、「大学で哲学や心理学を学びたい」という声を聞くことがあります。

その理由の一つに、「大学で哲学を勉強したかったのに、両親から就職できないから違う学科にしなさいと言われてあきらめた」ということがあります。

大人になって経済的な余裕ができたら、本当に学びたかったことを勉強したいというのは理解できます。

「哲学」は「真理の探究」とも言えます。難解で答えがないようにも思いますが、答えがでないようなことに関心がいくというのが人間の特徴ですよね。

孔子のこんな言葉もあります。

「朝(あした)に道(真理)を聞かば、夕べに死すとも可なり」

「朝、真理を聞くことが出来れば、その日の夕方に死んでも悔いはない」という意味です。

「人間、宇宙はなぜ存在するのか」、その疑問は生きている限り探求するものなのかもしれません。

「人間(私)を知る」ということでは「占星術」に関心を持っている方も多いですね。

占いの仕事をするつもりはないけど勉強をしている方は多いです。

「これが学びたい」という思いが消えないという方は、思い切って挑戦してみるといいですね。

それが期待した内容でなくても、自分が何を求めているのかがわかるのではないでしょうか。

大人の学びは、学生の時より残り時間が短くなっていますから、学びたいことに直球でいきたいですね。

11月のブログテーマ「大人の学びなおし」

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ