BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2020/03/21

「春分点」と走るおじさん

第三の眼代々木店の 伊吹丹利(あかり)です。

 

3月20日は春分でした。

春分とは太陽が牡羊座の0度にきた日であり、

占星術ではその日を一年の始まりとしています。

このところ、新しく何かを始めようとウズウズしたり

実際に始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あるいは、コロナの影響でそれどころではないかもしれません。

 

春分に関わる(と思われる)ちょっと面白いお話をご紹介します。

 

知り合いのおじさんに、海外線に沿って一人で走り続けている人がいます。

電車などの交通機関で現地まででかけ、

グーグルマップで確認した道(区間)を走り、

目標地点に達すると、また電車などで自宅に帰ります。

すでに、茨城~愛知県の海岸線を走破したらしい。

「伊能忠敬か?!」と突っ込みたくなります(笑)。

 

何が楽しいのかな??と常々思っていたのですが、

最近はっと気が付きました!

 

海岸線とは春分点(牡羊座0度)だから??

 

 

牡羊座0度(春分点)のサビアンシンボルは

「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」

 

牡羊座0度は、

 

魚座(海)と牡羊座(新たな世界・陸)の境い目であり、

 

あるいは

あの世とこの世の境い目でもあり、

海から陸にあがる進化のジャンプ

混沌からの新たな生命の始まり

とも言えますが、

 

海外線とは、まさに海と陸の「境い目」です。

 

そして、そのおじさんの太陽の度数は

魚座の29度(ほぼ牡羊座の0度)の春分点

海岸線に沿って走りたい!という理由なき衝動(やる気)は、

まさに太陽のエネルギーを表現していたのだな~と納得しました。

 

で、最近の課題は

「はたして、ゴールをどこに設定するか???」だそうです(笑)。

春分点の巨大なエネルギーは茫漠としていて

まだ方向性が定まっていないのかもしれません。

 

春分点というと、私はタロットカードの愚者」(Fool)を連想します。

カモワンタロットでは、

「愚者」に名前はあるけれど数字はありません。

原初の無限のエネルギーであり創造への衝動です。

 

日本は海に囲まれています。

ということは、日本は春分点という「境い目」に直接囲まれていて、

その「境い目」を身近に感じることができる国なのかもしれません。

つまり、まだ目的が定まっていない大きなエネルギーに満ちている。。。

 

現在、世界中がコロナウイルスに注目しています。

それは必要なことではありますが、

せっかくの始まりのエネルギーを取り込める時期ですから、

ちょっと意識の方向を変えて、

自分ができることを、できる形で

スタートさせてみる(計画してみる)とよいと思います。

 

少しずつ暖かくなってきて桜も咲き始めています。

気持ちを新たに、今年の計画をたててみませんか?

 

第三の眼ではオンラインセッションがスタートしました。

私は水曜日と土曜日の10時~17時がレギュラー担当日です。

遠方の方や外出が難しい方など、この機会にぜひご利用ください!

 

3月のブログテーマ「春分」

アーカイブ