BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2020/04/15

『地図』と『心のコンパス』

こんにちは。第三の眼代々木店&オンラインの伊吹丹利(あかり)です。

 

「お知らせ」ページでご連絡しましたとおり、

4月中は代々木店の担当日も含めて、すべてオンラインに変更させていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

昨日、近隣の中学校で新一年生がピカピカの制服を着て

一時登校する姿を見かけ、その初々しい姿に嬉しくなりました。

中学校の教員をしている友人は、今後の授業をどうするか、

部活動や行事をどうするか、、など頭を悩ませつつも

子どもたちを受け入れる日を心待ちにしているようです。

もう少しの辛抱ですね。。

 

さて、コロナが流行る少し前、

4月から就職する長女が、もうお母さんと遊べないから(笑)

と誘ってくれて、2人で「ディズニーシー」に行ってきました。

たまたまその日は空いていたこともあり、

人気のアトラクションはほぼコンプリート(絶叫系も!)、

その合間に、長女おススメの食べ物やショーもクリアーしました。

私は「シー」の方はほぼ初めてだったこともあり、夜には割とぐったりしていました(笑)。

 

帰る前になって、長女が「最後に乗りたいアトラクションがある」と言って

『シンドバッドの冒険』に連れていかれました。

船に乗って川を下りながら、シンドバッドの冒険を体験するのですが。。

 

 

そこで、私は深~く感動したのでした。

 

船の旅の間、歌がずっと流れているのですが、その歌詞が心に響きました。

 

『・・・風に吹かれ旅は続く 舵をとれ希望を胸に

進め みんなを助けながら 優しさと勇気忘れず

 

人生は冒険だ 地図はないけれど

宝物探そう

信じて Compass of your heart・・・』

 

音響がまた素晴らしく、最後の方でシンドバッドがこう語りかけます。

 

「さあ、心のコンパスに従って 自分の信じる道をいこう」

 

船から降りて静かに余韻に浸っていると、長女がこう言いました。

 

「中学を卒業するときに、これに乗って、

自分が選んだ高校生活を絶対にがんばる、と決心したんだ。」

 

私は、「そうだったの~~?!初めて聞いた~」と驚き、

高校時代の厳しくも充実した長女の部活動生活が、

走馬灯のように脳裏に浮かんだのでした。しばらく絶句。

『シンドバッドの冒険』は、このエピソードとともに、

私の中に深く刻まれたのでした。

 

そして、ああ、長女はこれから自分が選んだ仕事の道を行くにあたり、

あらためて決意しにきたんだな~と後で思いました。

 

ところで、『心のコンパス』とは何だと思いますか?

 

 

私は「無意識(潜在意識)」だと思っています。

無意識はその人に一番適した方向を誰よりもよく知っています。

その声に耳を傾けて、キャッチする。

そして『地図』は「ホロスコープ」と言えます。

 

『地図(ホロスコープ)』を参考にしながら、

『心のコンパス(無意識)』に従って進んでいく。

 

では、どうしたら『心のコンパス』を感知できるでしょうか?

 

簡単な方法としては、ジョギング、ウォーキング、瞑想(深く静かな呼吸)

などが良いのではないでしょうか。

ただひたすら走る、ひたすら歩く、ひたすら呼吸する・・

その中で、よいアイディアが浮かんだり、

気持ちがすっきりして方向性が定まったりします。

得意であれば、夢から情報を得るのもよいですね。

 

また、ヒプノセラピーも良い方法です。

リラックスしした状態で、自分の無意識からのメッセージを受け取ります。

(現在、オンラインでのヒプノを準備中です。)

 

心のコンパスに従っていれば、その方向性は

ホロスコープという地図とも合致するのです。

 

頭で、理屈で考えていても、なかなか解決はつかないものです。

この一年間を有意義なものにするために、

心理占星術コンサルテーションで

今のあなたの『心のコンパス』の確認をしてみませんか?

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ