BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2020/10/08

気が付くことの大事さ (と、境界線のこと)yuko*hoperawaです。

こんにちは。

第三の眼代々木店の yuko*hoperawaです。

 

道を歩くと、金木犀が香っておりますが、

台風も心配になってきましたね。

 

先日、

ここ数年で仲良くしていただいている方と、

ご飯に行きました。

 

お互いの近況をちょっとずつ話しながら、

「ちょっと気になったことがあるの、ゆうちゃん、聞いて」

ということで、軽ーく聞いていたのですが、

 

私は、オートマチックに高次元のメッセージ(創造主からといいますか?)が

降りてくるので、(毎朝、繋がりを設定してます)

 

自分の言葉ではない言葉がどんどん出てきていて、

 

あああ、にわかセッションになっているなって思いながら、

ベトナム料理を食べてました。

 

ベトナムチックな店内です。

 

で、今回のお話の肝は「境界線」についてでした。

 

人との境界線って、

皆さまはどう思われますでしょうか?

 

 

たぶん、上手にできる方は、「え?なんのこと?」って(無意識にできているんだろうし)

思われるかもしれませんが、

 

私も、人との境界線には、相当、苦労してきました。

 

 

「相手のためを思って」っていいながら、

余計なお世話をしてしまったり(相手が望んでいないようなことをしてたり)

 

相手の気持ちも確かめないで、相手の領域にどんどん土足で入るよなことをしてしまったり。

 

 

(今回のお友達Mさんの話をすみません、ちょっとお借りして具体的に話させていただきますと)

 

 

「ゆうちゃん、ある人がね、急に、連絡が途切れた人がいてね」

って話をされました。

 

連絡が途切れるのは、何か理由があるんでは?と思いながら聞いていたらば、

 

Ⅿさんの知り合いの方で、おうちがものすごい、汚部屋になっている方(便宜上Aさんとします)

がいて、

(ある作家さんなので、材料が乱雑に大量に氾濫しているそうなんだけど)

 

Mさんの別のお知り合いの方と合計4人で、Aさんのおうちを片づけに行ったそうです。

それで、(許可を取りながらと言ってたけど)4人の判断でAさんのお宅のものをいろいろと捨ててきたと。

 

で、4人のうちの一人はもっと片づけをやりたいから、、

近々、もっと片付けに行くと、次回も行く気満々になっているんだけど、

相手からは、忙しいから・・って断られているんだと。

で、Ⅿさんが、私と会う前日にAさんと会うことがあり、相手のAさんは、逃げるようにして帰っていったと。

「ゆうちゃん、どうして、相手は逃げるように帰っていたんだろう」

という感じで話してきたⅯさん。

 

(今回の私がするこの話もすごい断片的な話なので、分かりづらいかもしれないけど)

 

私がⅯさんと話を聞いていて、ずっと上からオートマチックに降りてきているのが、

 

「これ、勝手なことしているだけだろ」っていう言葉。

 

 

創造主は、いい悪いではなく、愛の言葉を下ろすから、勝手なのが、いい悪いではないのだけど、

 

あああ、片づけたこと、この片付けた4人の人のエゴなんだなって聞きながら浮かんだ。

 

そこから、セッション的な会話が、

ご飯食べたとの、練乳入りのベトナムコーヒーを飲み終わるまで続けられました。

 

 

私は、Ⅿさんが話している間に、

お相手のAさんの思いも伝わってきて、かつ、どういうことが繰り出されてきたのかっていうのも

映像として見えてきたので、

 

それを、Ⅿさんにお話しすると、

「実はね、」って、一致することがあり、

Mさんの身体にも影響が出ているとのことで。。

 

そこからは、

しかるべきことをして、

浄化して、

Ⅿさんには「境界線」についてお話しさせていただきました。

 

 

「ゆうちゃん、あたし、人との、境界線、わかってないのかも」

と、Ⅿさん、気が付かれました。

彼女にとって大きな気づきだったそうです。

 

気が付くことが大事です、はい。

ご自身で気が付くことが大事です。

 

 

わたしは、私の母が、私の境界線なく、ずかずか踏み込んでくる人なので、

それが、初期設定(デフォルト)で、過ごしてきてしまったから、

わたしも、親しい相手に対して、お構いなしくずかずか入り込んだ過去がたくさんあり、

それで、人生がうまくいかない時が何度かあり、

で、気が付いて、何度も何度も、修正をしてきました。

 

(今回Ⅿさんの話を聞いて、自分の進んできた道は、やっぱり正解だったんだ、

これ、自分が経験してないとわからない話だったよねって、分かりました。)

 

 

相手のためにやっているつもりのこと、

それ、相手のためになっていますか?

 

相手のためにってやっているのって、

自分のことだけで考えてませんか?

 

ちゃんと相手のこと考えてあげられてますか?

 

自分のやっていることを正当化して、

相手のことコントロールさせていませんか?

 

また境界線のついては、ちょいと長くなりそうなので、

いつか、またお話ししていこうと思います。

 

 

 

ちなみに、この話が終わってから、Ⅿさん、ご自身で、顔つきが変わったのがわかったそうです。

顔つきが変わるっていうのって、エネルギーが、入って、循環したっていうことで、

浄化もされたし、良い風に転換した結果なのですが、

私とのセッションで、汗だくになっていました。

 

以前も、私とのセッションで、座っていたシートに汗がたまり(ファミレスとかのあのシートです)

水たまりみたいなのができたクライアントさんもいらっしゃいました。

 

もちろん、変化を感じない方ももちろんいらっしゃいますし、

あとから、気が付く方もいらっしゃいます。

 

ちょっとしたことで、もやもやしていて、

今回のようにちょっとした会話の中から、大きな気づきがある場合もあります。

 

第二土曜日にお話ししに来てください。

 

第三の眼代々木店でお待ちしております。

 

yuko*hoperawa 次の担当は、

 

10/10(土)

11/14(土)

11/23(祝)

 

です。

ご予約お待ちしおります。

 

アーカイブ