BACK NUMBER メルマガ バックナンバー BACK NUMBER メルマガ バックナンバー

2020/9/1

2020年9月2日:魚座の満月リーディング by 伊吹丹利

2020年9月2日14時22分 満月ホロスコープ (東京)

 

2020年9月2日(満月)から9月17日(新月)までの星模様 by 伊吹丹利

9月2日午後2時22分、魚座11度(数え)での満月です。

満月は、新月で蒔いた種からの実りを収穫するときです。

そして刈り取ったものを加工・熟成させて新しい価値を生み出していきます。

 

8月19日の獅子座新月のころに始めたことはありますか?

ちょっと振り返ってみて、今手元にあるものに、創意工夫を加えてみてはいかがでしょうか。

 

満月は【魚座の月】と【乙女座の太陽】の組合せです。

乙女座は、ある部分に焦点を合わせ、輪郭をくっきりとさせて、ものごとを詳細に管理しようとするのに対して、魚座は、全体をぼんやりさせて境界線をあいまいにします。

形のないもの、隠されたもの、影になっているもの、全てを集めた混沌の中にダイブします。

 

満月のサビアンシンボルは『光を探している男たち』

精神世界でのチャレンジです。

道を究めたその先にある光を求めて深遠なイメージの世界に没頭していきます。

満月の近くには魚座の海王星があります。

印象の海の中で突破口を探します。

満月は牡牛座の天王星からのサポートを受けてもいます。

イメージ力がアップするでしょう。

 

満月図では【土】と【水】のエレメントの天体たちが、ターゲットを決めて何かを生み出す、というアスペクトをとり、そこに【火星】モーターが、がっつりと装備されています。

大きな土の囲いに入った水に火がくべられる・・・

水は感情の共有を表しますから、これは皆で温泉に入っているようですね(笑)。

 

この満月では、感情的に大きなストレスがあるかもしれません。

温泉にゆっくりつかりながら、イマジネーションの世界を探求する。

季節の変わり目でもあるので、身体を休めて、心をゆっくりと遊ばせるのがおすすめです。

 

現在、コロナや自然災害など、人知の及ばぬできごとの中で、社会の枠組みやルールを改革する必要に迫られていますが、そこで重要なのが、【現状の緻密な分析や明確な予測】、【共感・心のつながり】であると人々が認識するでしょう。

 

そして、ベースに響いているのは、魚座の海王星。

現実生活の中で、【私たちが影に追いやってきたもの】、【見ないように視界から排除してきたもの】にハッと気づくことを促しています。

 

この魚座の満月では、心や思考の、ギュッと絞ったピントをゆるめて、見えてくるもの、聞こえてくるもの、感じられるものを受け取ってみましょう。

そこに、自分だけの星の光を見つけるでしょう。

 

〇 満月 〇 (9月2日~)

満月にタイトにアスペクトしているのは、牡牛座11度の天王星(60度)、山羊座26度の土星(45度)、そして蟹座26度の金星(135度)です。(数え度数)

人間関係で傷ついたり寂しさを感じるかもしれません。

あるいは「雨降って地固まる」という諺のとおり、心を許せる家族的な絆を固めるときかもしれません。

誰かの優しさが心に沁みるとき。相手を喜ばせるサプライズもいいですね。

 

9月2日、金星と土星がオポジション、太陽と天王星がトライン

苦手感を乗り越えて、相手を大切に思っていることを伝えてみましょう。行動への後押しが入るでしょう。

・9月4日、金星と火星がスクエア

愛情表現への衝動。心のガードを下して素直に行動してみましょう。心の中の「否定の声」は自分の声なのです。

9月6日、水星が天秤座に移動、金星が獅子座に移動

考えるときに、他者からのフィードバックが重要になります。また、自分を人前で表現することに気持ちが向くでしょう。雰囲気の変化を感じてみてください。

9月10日、太陽と木星がトライン

自己肯定感や他者への寛容さを実感し、ものごとが着実にすすみそう。

 

▽ 下弦 ▽ (9月10日〜)

夕方6時26分、「乙女座19度」の太陽と「双子座19度」の月で、魚座20度の海王星とTスクエアを形成します。

乙女座が、役に立つ立たないで排除していったものを、双子座が、興味の趣くままに再び拾い集めます。

あるいは、その逆もあったりして、堂々巡りでなにごとも決まらないかもしれません。

ただし、バラエティを楽しんだり、一度に大量の情報を処理するなど、重要な決断を必要としない場合には、この組み合わせは大きな可能性を発揮するでしょう。

双子座19度のサビアンシンボルは『大きな古典書物』。

それは人々の無意識の中にある「書物」かもしれません。

古典には、シンプルで普遍的な情報が記されています。

全ての知恵の原点ともいえる「書物」に基づいて、現代に応用した情報を提供します。

魚座の海王星にチャンネルを合わせやすいとき。

自分の中にある「古典書物」にアクセスしてみてはいかがでしょうか。

 

・9月10日、火星が逆行へ(11月14日まで)※注1

一度着手して突き進んできたところで、立ち止まって再検討します。

この2か月間は、モチベーションの見直し、仕切り直しなど、有効に活用しましょう。

9月12日、太陽と海王星がオポジション

インスピレーションが湧きやすいとき。

9月13日、木星が順行へ

9月29日には土星も順行して足並みを揃えていきます。現実面の体制が着々と形作られていくでしょう。

9月15日、太陽と冥王星がトライン

目的に深い動機が加わり力を得ます。

9月16日、金星と天王星がスクエア

個性的で華やかなパフォーマンスが注目されます。

 

注1:火星の逆行は約2年に一度、2か月半ほど起こります。通常、火星は約1か月半でサインを移動しますが、今回は、逆行の結果、牡羊座に約6か月間滞在します(6月末~来年1月初め)。この期間は【新しいことに挑戦する】【新規開拓】の精神が特に必要だということでしょう。

 

⇒ クリスタルリーディングを読む

 

執筆者 【伊吹丹利のプロフィール&メニュー

伊吹 丹利

 

 

 

 

 

 

メールマガジン『新月と満月に読み解く! 星からのメッセージ』

このホロスコープ・リーディングは、新月&満月メルマガのホンの一部です。

第三の眼のメルマガに登録すると
毎月、新月と満月の日に、最新版の新月&満月読みと、
お店の最新情報、メンバーコラム等が届きます。

こちらから登録いただけます。