新月・満月読み 新月・満月読み

2021/11/4

2021年11月5日:蠍座の新月リーディング by 光咲葵

2021年11月5日6時14分|新月ホロスコープ(東京)

 

11月5日06:14|蠍座の新月図リーディング

2021年11月5日(金)6:14に蠍座13度(数え)で新月になります。

東京の日の出は6:07です。朝の始まりとともに新月を迎えます。

蠍座のテーマは「変容」です。
「変容」を辞書で調べると「姿・形を変えること」となっています。
蠍座が示す変容は「内面・価値観」の変化をもとにした「姿・形」の変化です。

蠍座の新月では自分自身の心の奥底にある思いに気づき、根底からの変化を促します。
変えたいと思っていた思考パターンに終止符をうち、新しいスタートをすることができる新月です。

今回の新月は1ハウス・アセンダント(ASC)上にあります。

アセンダントは「自分自身」や「見た目」を表す場所です。
内外ともに変化した自分をアピールするのに適しています。

蠍座なので、「私はこれがやりたい」とわかりやすいアピールではなく
「内に秘めたパワー」を周りが感じ取るという変化もあります。

新月には牡牛座の天王星が正確にオポジション(180度)となり、水瓶座の土星がスクエア(90度)です。
土星を頂点としてTスクエアが形成されています。
土星は3ハウス、天王星は7ハウス・ディセンダント(DSC)上にあります。

今までの習慣や考え方を壊すような、新たな出会いがありそうです。
新しい価値観に出会うことで新たな自分が始まります。

またはあなた自身の変化が、新たな出会いを引き寄せることも考えられます。
いずれにしても今までの習慣や考え方から脱するのに、少々の困難を伴いますが、
不可能を可能にするのも蠍座の特徴なので、「変容」を拒まずに新たな自分を目指しましょう。

 

新月は蠍座13度(数え)で形成されます。
サビアンシンボルは「実験をしている発明家」です。

13度はサインの資質が全開となり「カリスマ性」を表すといわれています。
蠍座の資質は、物事の本質を見抜く「洞察力」と人の心を動かす「コントロール力」として表されます。

「実験している発明家」はアイデアを具体化しようと試行錯誤しています。
目標達成に向け、あれこれと策をねります。
自分だけで出来ないことは、人脈をたどって調達したり、人と人とをつなげて新たな物を創り出したりします。

「人の持つ力を見抜き、思うように動かしていく」力を発揮するのが蠍座13度です。
「これがやりたい」という強い意思が知恵を巡らし試行錯誤する力となり、人の心を動かしていきます。

 

「心の底から湧きあがる思い」を行動に移すことで、自分も周りも変えていく新月となります。
困難を越え不可能を可能にしていく新月です。

長い間、温めてきた計画に挑戦するのに良き機会です。
思い当たる方はぜひ取り組んでみましょう。

 

11月5日(新月)から11月19日(満月)までの星模様

● 新月 ● (11月5日〜上弦まで)

新月が形成される11月5日に金星が射手座から山羊座に移動します。
翌11月6日には水星が天秤座から蠍座に移動し、水星と金星がセクスタイル(60度)になります。

金星と水星のサインの移動は、人との交流に対する意識の変化を表しています。

「多くの人と広く浅く付き合いたい」という思いから
「共通した価値観の人と深くかかわっていきたい」という思いになっていきます。
季節の変化に合わせるように、インドア的な交流を楽しむのによい時です。

11月10日、蠍座の水星と火星がコンジャンクション(0度)になり
そこに水瓶座の土星がスクエア(90度)になります。

関心があること興味があることに没頭していると、自分の視野の狭さ、未熟さを思い知る出来事がおこりそうです。
客観的な視点で自分を見つめてみましょう。

 

△ 上弦 △ (11月11日〜満月まで)

11月11日、太陽が蠍座、月が水瓶座で上弦です。

執着する力と手放す力がぶつかり合い、葛藤が起こります。

前日の11月10日から
水星と火星のコンジャンクションに土星がスクエアとなる状態が続いています。

視野の広がりが求められていることを感じる出来事もおこりそうです。

上弦は「成長のための苦しみ」を感じる時とも言われています。
葛藤することで新たな発想が生まれることにもなるので、プラス思考で捉えましょう。

蠍座の太陽へのアスペクトをみていきます。

11月12日、魚座の海王星がトライン(120度)
11月15日、水瓶座の木星がスクエア(90度)
11月16日、山羊座の冥王星がセクスタイル(60度)です。

最もこだわりたいことに関してビジョンが広がり、あれもこれもとやりたいことが出てきて忙しくなりそうです。
そして、忙しくなればなるほど、力が満ちてくる天体配置です。

11月13日、蠍座の水星に牡牛座の天王星がオポジション
11月17日、蠍座の火星に天王星がオポジション

ビジョンの広がりに合わせ、思考や行動にも変化がおこります。
新たな発想・新たな活動を通して、あなたが描く理想を形にしていきましょう。

⇒ 新月のクリスタルメッセージを読む
次回、11月11日の満月リーディングは、満月形成時に公開します。
新月・満月メルマガに登録して満月前日に読む

 

執筆者 【光咲葵のプロフィール&メニュー

光咲 葵

 

 

 

 

 

メールマガジン『新月と満月に読み解く! 星からのメッセージ』

このホロスコープ・リーディングは、新月&満月メルマガのホンの一部です。

第三の眼のメルマガに登録すると
毎月、新月と満月の前日に、最新版の新月&満月読みと、
お店の最新情報、メンバーコラム等が届きます。

こちらから登録いただけます。