BACK NUMBER メルマガ バックナンバー BACK NUMBER メルマガ バックナンバー

2019/11/11

2019年11月12日:牡牛座の満月リーディング by Graha

2019年11月12日10時34分10秒 満月ホロスコープ (東京)

 

11月12日(満月)〜11月27日(次新月)までの星模様

11月12日、満月を迎えます。
時間は22時34分です。夜更けの満月です。

新月(10月28日)にスタートしたことが大きな展開を見せる満月です。
今、何が起きているでしょうか?

 

10月28日の蠍座の新月は天王星とオポジションを形成していました。

それを象徴するように、前例を覆すような異例の出来事が目立ちました。
水星の逆行の影響もあり、対立やコミュニケーションの問題も際立ちます。
その原因の解明や調査が急がれるといった状況です。

 

10月31日未明の首里城の火災は衝撃でした。
出火原因の特定へと検証が行われています。

「合意なき決定」と言わしめた東京五輪の
突然の開催地変更などもその一例でしょう。

 

そしてこの天王星は、
この満月チャートの最も高い位置(MC)に配置されます。

10日には即位パレードが行われ、日本においては、
新天皇の即位を祝う歓声が新しい時代に入ったことを刻みつけました。

 

新しい時代を推し進め、人類の進歩を象徴すると言われる天王星です。

逆行しながら初期の度数域を進む牡牛座の天王星は、
衝撃的ともいえる出来事を通して、私たちを覚醒させ、
新しい時代の宣言を強調しているかのようです。

 

満月のアスペクトを見ましょう。

逆行中の水星が太陽とコンジャンクションしています。
しかも太陽面を通過する精度の高い配置です。

 

人の心理が、顕在意識と無意識との両方をあわせ持っているように、
社会や周囲の出来事の真相は、表面的な情報で判断することはできない、
といった客観的な気づきを与えます。

このタイミングにおいて、
私たち自身が良くも悪くも深くコミットしている思い込み、信念について、
より深い認識と気づきを与える配剤に思えてなりません。

 

9ハウスで起きた新月では、自分独自の思想や考え方、
その伝え方が大きなテーマとなりました。

重度の障害を持つ舩後議員の国会の質疑の風景は象徴的でした。

健常者にとっては違和感を感じてしまうことは無理もありません。
しかし世の中には様々な人がいます。
また、いつ自分自身がこのような障害をもつかもわかりません。

また現代のテクノロジーが可能にしたコミュニケーション手段も
皆が認めることとなりました。

 

人と違うことを卑下したり、隠す時代は終わりました。
むしろその違いを、独自の立場を社会に向けて主張する活動家を輩出しています。
今後は違いを超えて認め合う社会へと成熟をしていくでしょう。

 

蠍座の水星は逆行中です。
秘密の情報に触れることが多いかもしれません。

私自身、判断に窮するいくつかの保留のテーマに関して、
特別な情報に触れる機会が度々あり、
何か、今後のシナリオが大きく書き換わるような前触れを感じています。

逆行は20日まで続きます。
意思決定を担う太陽と連動しながら、
物事は深いところで秘密裏に進攻し、虎視眈々と
来るべき時に備えて力を蓄えていくでしょう。

 

さらに海王星、土星と冥王星がソフトアスペクトで満月を支えます。

グランドトラインが上下に重なると、六角形のグランドセクスタイルができますが、
この土と水のサインによるハーフのグランドセクスタイルは、器の形をつくっています!
この現実を安定へと導き、再生するための環境づくりを組織しています。

 

首里城の火災から直ちに多額の資金が集まっています。
京アニ放火事件の容疑者の事情聴取が伝えられたところですが、
世界中のファンの思いが義援金へと変換されています。

こうしたお金の流れもまた、
このアスペクトを象徴しているように見えます。
そうじて異例の変化に対する反応の素早さと反響力は、
目を見張るものがあります。

 

この満月のテンションを支配するのが
アセンダントの獅子座です。

この状況を生かすのは、あなた個人の主体的なアクションです。
個人の創造性を覚醒させることが、鍵を握るでしょう。
自分が想像する以上に多くのことが連動し、関連していることを感じるでしょう。

 

満月の度数は20度です。
安定した実力を備えることを示す度数です。

 

満月のサビアンシンボルは、
牡牛座20度「雲を作り運び去る風」

牡牛座は個人の身体的能力、才能に関連するサインです。
この人は、自分を取り巻く周囲の変化を、
直感的であれ正確に受け取り、意志決定に生かすことができる人です。

それはこの人の優れた五感が、自然界を形成する風、火、水、地の四元素と
しっかりコミットしていることの証であり、その判断の正確さも意味しています。
自分の実感を信じて、感性を磨いてきた結果の実力です。

 

太陽は、
蠍座20度「二つの暗いカーテンを引いている女」

蠍座は深い感情体験や、潜在的な力と接触して変容するサインです。

二つの暗いカーテンは、無意識の情動を仕切っています。
カーテンというゆるやかな仕切りは、この女性の都合で明けたり閉めたり
自由にコントロールすることができます。
嫉妬など、訳のわからぬ感情的発作に支配されず、
自制心を身につけることができたのです。

日常生活を平穏に保ちながら、精神的に成長することができます。
潜在的な力を、自分が意図することに集中させていきます。

 

高次の水星である天王星がMCに重なるこの満月は、
人類に新しい叡智を与えるかのようです。

あなたが発信する情報、
あなたが持ち得る特別な情報に対する
重要度の高さは今後さらに増すでしょう。

自分ひとりの力を過少評価してはいけません。
目覚めへと導く力は、あなた自身の自主的行動を後押しするでしょう。

 

○ 満月 ○ (11月12日~)

 

射手座の木星は銀河の中心を通過します。
宇宙規模の計画が、地球の人類の改善に関与する可能性も考えられます。

革新と変容のプロセスの渦中にあって、
世界に対する認識も変化しつつあります。

 

あなたにやってくる情報もあなたの才能であり、
その情報の扱い方、活用の方法もあなた次第です。

金星は海王星とハードアスペクトを形成します。
ビジョナリーなこのアスペクトは、建設的な夢を描くことでしょう。

 

太陽は蠍座の最強の度数域を進みます。

まだゴーサインは出ていないかもしれませんが、
これまで動かしがたかった現実を通して、
変わっていく必要性や自分が変わっていく手ごたえを感じてください。

 

新月に立てた目標・テーマを再点検し、
それは家族や仲間、自分を取り巻く人間関係も含めて、
自分仕様に再プランするとよいでしょう。

 

▽ 下弦 ▽ (11月20日〜)

 

獅子座の月で下弦を迎えます。
月は射手座の木星と正確なトラインを形成します。

火のサインが強調されるこの日を境に、
これまでの潜伏的ともいえる状態から脱却して
真意や真相を明らかにしていく方向へ向かうでしょう。

正々堂々と主張していきたい。世に問いたい。
新しい目標にともない、援助や力添えも得られるでしょう。

 

24日、金星と木星がコンジャンクションします。
好景気な配置ですが、社会問題の改善に多くの資金や人材、
エネルギーが向けられるでしょう。
物心両面に配慮した議論が必要になります。

 

25日、天王星は火星とオポジションを形成します。
突発的な行動、冒険的な行為や発言が起きやすいでしょう。

 

下弦から新月は休息と浄化のサイクルです。

次の新月は11月27日。
射手座5度で迎えます。
好戦的な火のサインの新月は、
その狙いを拡張して大きく飛躍しようとします。

どうぞ、大きく羽ばたくために次の新月に備えてください。

 

 

執筆者 【Graha(ぐらは) プロフィール】  

 

Graha(ぐらは)

 

 

 

 

 

メールマガジン『新月に読み解く! 星からのメッセージ』

この新月読みは、新月メルマガのホンの一部です。

第三の眼のメルマガに登録すると
毎月、新月と満月の日に、最新版の新月or満月読みと、お店の最新情報、メンバーコラム等が届きます。 メルマガ購読者特典もあります。
こちらから登録いただけます。