占い師インタビュー 占い師インタビュー

  • トップ
  • Grahaさんの占星術セッション体験レポート by 光咲葵

Grahaさんのホロスコープ・リーディング・セッション by 光咲葵

Grahaさんのセッションを受けて、「人間は小宇宙だ」と再認識しました!

 

私がお願いしたメニューは
「ホロスコープ リーディング セッションC:アスペクト『エネルギーバランス』を読み解く」です。

 

このメニューをお願いしたのは、
私の出生図がハードアスペクトが少なく、ノーアスペクトの天体が多いから。

 

このアスペクトの状態は、どういう力を秘めているのかを教えていいただきたいと思いました。
また、サビアンとハーモニックも教えていただきました。

 

はじめに自分のホロスコープを頂き、
「地上に立ち、天を仰いで天体の配置を見ている視点を持ってください」
とアプローチされます。

 

実際にそうしてみると、自分が宇宙に溶け込んでいくような気持ちになり、
立体的な視点で自分のホロスコープをみることができます。

 

Grahaさんのホロスコープ分析には小惑星も入っています。
小惑星をいれた分析は初めての体験で、新鮮な感じ。

 

小惑星が入ったことで、
アスペクトが少なかった私の出生図にアスペクトの線が増え、にぎやかになりました。

 

Grahaさんオリジナルの資料で、アスペクトについて検証していきます。
この資料、すごく詳しく、丁寧につくられていて感動します。

 

私の場合は、小惑星をいれたことで、火星とMCに新たなアスペクトができました。

 

このアスペクトは私にどんな力をくれるのか?
Grahaさんの質問に答えながら検証していきます。

 

答えをせかされることもなく、
じっくりと自分を見つめる時間をいただき、自分の行動のあれこれをふりかえりました。

 

そして、「あ~、小惑星の示す意味通りだ~」と腑に落ちました。

 

仕事もなぜか教育関係から離れられないできたのですが、
それも小惑星の意味と合致していました。

 

小惑星がなくても、行動の傾向、職業の傾向はでていましたが、
小惑星をいれることでより納得できる結果が出ました。

 

小惑星すごい!

 

小惑星以外の天体同士のアスペクトもアスペクトのパワーの強さをみながら検証。

 

私はこのエネルギーをどう使っているのか?
うまく使えていないとすれば、どうするのかを一緒に考えていきます。

 

アスペクトは72度、150度のマイナーアスペクトも使います
それにより、ノーアスペクトと思っていた天体にもアスペクトができました。

 

私の場合はノーアスペクトと思っていた土星が金星と72度(キンタイル)でアスペクトしていました。

 

なぜか昔から「和菓子職人」にあこがれているのですが、
それがこの関係で納得できました。
72度で示される「表現衝動」だったんですね。

 

Grahaさんのセッション経験のなかで
外せないと思うマイナーアスペクトを出してくれますが、
それが「何で自分にはこんな衝動があるんだろう?」ということの答えになっていて、
自分再発見の感動がありました。

 

アスペクトの分析に続いて、サビアンとハーモニックを教えていただきました。
サビアンでも私の個性につながる度数の天体を確認できました。

 

ハーモニックでは、基本となる5、7、8と9、13をみていただきました。
それを通して、過去から受け継いだもの、
最もエネルギーを使いたいことは何かがわかり、今の自分の状況がとても納得できました。

 

ハーモニックをみることで、年齢ごとになにを意識してきたのかがわかり、
宇宙と私のつながりがよく理解できました。

 

セッションが終わり、占星術の魅力を再認識できました。

 

Grahaさんのセッションは全く占星術を知らない方から、
プロレベルの方まで、幅広く対応してくださる内容です。

 

オリジナルの資料も準備し、クライアントのリクエストに丁寧に応えてくれます。
その内容には占星術の知識の豊富さとセッション経験の豊かさを感じました。

 

Grahaさんのセッションを終え、自分に対する理解が深まりました。
自分に与えらえた力をどう生かしていこうか前向きに考えることができます。

 

占星術の魅力を十分に体感できるセッションです。
私もまた、違うメニューでセッションをお願いしたいです。

 

 

Grahaのプロフィール&メニュー

Graha(ぐらは)

 

 

 

 

 

 

 

インタビュー一覧に戻る