BACK NUMBER メルマガ バックナンバー BACK NUMBER メルマガ バックナンバー

2020/2/8

2020年2月9日:獅子座の満月リーディング by 伊吹丹利

2020年2月9日16時33分 満月ホロスコープ (東京)

 

 

2020年2月9日(満月)から2月24日(新月)までの星模様 by伊吹丹利

 

2月9日午後4時33分、獅子座21度(数え)での満月です。

 

2月9日の夕方、西の空に陽が沈むころ

東の空に獅子座の満月が昇ります。

 

獅子座は、例えるなら「燃え続ける炎」。

「太陽」が太古の昔から変わることなく輝き

地球にエネルギーを届けてくれるように、

自分の中心から湧き上がる

年月を経ても変わることのない情熱です。

 

獅子座の月を照らす太陽は水瓶座にあって、

自由平等への気運を遍く広げます。

水瓶座は社会的理想や知的ネットワーク、

獅子座は個々人の燃える情熱を表します。

 

水瓶座の「風」が獅子座の「火」を煽り、

社会を変えていこうとする人々の感情が

ネットワークを通して

あっという間に大きく盛り上がるでしょう。

 

最近何かを終わらせた方、

今まさにスタート地点に立っている方、

長年携わってきた職場やコミュニティ、

あるいは家族の中で

大きな変化があった方も多いかもしれません。

 

それぞれの人生の中で、

今までとは違う何かが動き始めているのでは?

 

この満月では、

誰かの考えに触発されたり、

生き様に感銘を受けたりして、

各々のハートに火がつきそうです。

 

「私は世界の中心でこんな役割を演じたい!」と

心の中で叫びながら人生の舞台に上がります。

 

ただ、それは一方的な独りよがりではありません。

自分の感情を思いきり表現しながらも

周囲の人々よって引き立てられていることを

しっかり認識しています。

 

個性の集まりである舞台が、

ダイナミックに統合された一つの作品として

感動を与え得るのは

「理想」を共有しているからでしょう。

 

個人の情熱の極みである獅子座の月と

個人的なものを否定した水瓶座の太陽。

その融合の中に、

純粋なる表現の喜びが存在するのかもしれません。

 

これから先どんな人生を歩んでいきたいのか?

未来への理想と熱き思いを胸に、舞台に上がりましょう。

スポットライトの中心へ。

 

満月のサビアンシンボルは「中毒したニワトリ」

各サインの21度(数え)は活動力のピークを表します。

空を飛べないニワトリが、テンション高く

羽をばたつかせて飛ぼうとする様子は

極度の興奮状態、精神の高揚を示しています。

最も獅子座らしい盛り上がりと言えるでしょう。

射手座の火星がそれを助長してさらに押し上げます。

 

社会の枠組みの改革は続行中。

その中で、古き良きものが掘り起こされて

現実に役立つインスピレーションにつながることも。

 

東京チャートでは天王星がMCにあり、

「個性化」や「イノベーション」に関するできごとが

社会の中で注目されそう。

 

〇 満月 〇 (2月9日〜)

 

2月8日、金星が魚座から牡羊座に移り

人間関係がアクティブになりそう。

水星は魚座にあってノーアスペクト。

感情のドラマチックな盛り上がりを

詩や絵画、音楽などの芸術を通して

美的に表現してみましょう。

 

 

▽ 下弦 ▽(2月16日〜)

水瓶座の太陽と蠍座の月で下弦の月です。

自由・平等、遍く広がる水瓶座(風サイン)に対して

蠍座(水サイン)は、狭く深く入り込んで

対象と一体化することを欲します。

 

どちらも固定サインで、

水瓶座は自分の考えや思想に対して

蠍座は自分の感情に対して頑固になりがちですが、

それぞれの特徴を理解することで、

偏見のない広い視野と不屈の意志を

兼ね備えることが可能になるでしょう。

 

2月16日に火星が射手座から山羊座に移り、

木星、土星、冥王星と併せて

4天体が山羊座に集中します。

改革、再建、新規構築が一気に加速するでしょう。

 

山羊座と魚座に天体が集中し、

直観や夢を形にしたり、

今まで見捨てられてきたものごとを

拾い上げて現実に組み込みます。

 

火のサインの天体は主に金星だけとなり、

華々しさはないけれど、

着々と作業が進んでいくでしょう。

 

2月17日より魚座の水星が逆行を開始し、

水瓶座29度(数え)まで戻ります。

何らかの見直しや方針の撤回があるかもしれません。

 

水瓶座29度のサビアンは「さなぎから出てくる蝶」。

魚座(=イメージの海)を潜ってキャッチした

美しい蝶のような「言葉」や「アイデア」が

3月上旬頃、世の中にお披露目されるかもしれません。

 

 

執筆者 【伊吹丹利のプロフィール&メニュー

伊吹 丹利

 

 

 

 

 

 

メールマガジン『新月と満月に読み解く! 星からのメッセージ』

このホロスコープ・リーディングは、新月&満月メルマガのホンの一部です。

第三の眼のメルマガに登録すると
毎月、新月と満月の日に、最新版の新月&満月読みと、
お店の最新情報、メンバーコラム等が届きます。

こちらから登録いただけます。