BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2018/12/31

平成を振り返り、記憶に残る出来事

12月のブログテーマですが、
平成が変わること自体、
まだピンと来ませんが、
30年があっという間に過ぎますね。

普段から西暦を使うので、
平成が変わるたびに、
いま平成何年なのか分からなくて、
焦る記憶でいっぱいです。

平成になってから思うのは、
昭和が過去の出来事となって、
新しい時代になってきたという、
感触を自分自身も強く感じた平成22年頃ですね。

ちょうど第三の眼で鑑定を始めたばかりの頃です。

ちょうど私が第三の眼に行くようになって来た頃は、
副都心線が開通した頃で、
いまでも、第三の眼に行くには、
相変わらず副都心線を利用してます。

たまたま、テレビで副都心線について、
放送されているのを見てから、
実際に乗るようになって不思議な気分でした。

平成の中で新しい流れを感じました。

副都心線は、人間で言えば、
爽やかなイメージでありながら、
当たり障りないドライな関係を好む人のようにも感じます。

昭和は、愛嬌の良いおじさん、おばさんが、
気軽に声をかけてきそう時代ですが、
そういうことも懸念される平成から、
また何かが変わって来るのでしょうか。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ