BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2023/12/23

レクティフィケーションの個人レッスンはこんな感じです

こんにちは!

北海道(函館)支部&オンラインで、心理占星術コンサルテーションをしている
夕雅(ゆうが)です。

11月から始めたレクティフィケーション占星術の個人レッスンですが、
告知の後すぐにお申込みいただいた方のレッスン2が、先日、終わりました。

対象となる方の人生を思いながらレクティファイしていく過程は
慎重さと繊細さが求められるので、やはりそれだけ時間もかかってきます。

今回は、レクティフィケーション(出生時刻の推定)に興味を持たれている方に向け、
実際に行われている個人レッスンについて、お伝えしていきますね。

 

個人レッスンの流れ

レッスン開始前からレクティファイは始まっています

まず、対象となる方の情報を元に夕雅がレクティファイしたテストケースを
レッスン開始の3日ほど前にお送りします。
また、テストケースの資料以外にもレクティファイの手順を伝えながら、
重要な手掛かりとなる出来事と時期表示について見つけて頂く課題もお送りします。
レッスン1でお聞きしますので事前に考えてみてくださいね。

テストケースは大体3例ほど作成します。
出来事と時期表示が並んだ一覧表のため、最初に見た時は何が何だか、
どこに重要な手掛かりがあるのかわかりにくいかもしれませんが、
じっくり向き合ってください。
その方の人生を考えていけば、だんだん見えてくると思いますよ。

 

レクティファイのコツと手順

 

レッスン1では事前に出したこの課題に答えて頂きながら、こちらからは
レクティファイのコツと手順をお伝えしていきます。
テストケースについて分からないところはご質問ください。
サポートいたします。

こうして生徒さんが出生図を推定するところでレッスン1は終わります。

レクティファイで重要なのはその方の人生を想像し、
様々な可能性があることを踏まえてその方を見つめる事だと思います。
その方にとっての人生の転換期はどこであるか、
内面の重要な変化は出来事とどう対応しているか想像し、可能性を探る事です。

それは占星術でコンサルテーションをしていくことの基本でもありますが、
レクティフィケーションはこの基本に立ち返ることがとても大事です。

レッスン2までの課題は2つ

レッスン1は出生時刻の推定をするところまでですが、
レッスン2はその時刻で作成した出生図の分析し、ご希望の方には未来予測もします。

このため、レッスン1の終了後、生徒さんには2つの課題に取り組んでもらっています。
宿題があるのです。

まず、1つ目の課題は新しい情報からこのレクティファイが有効であるか、
確かめて頂くことです。

新たに得た情報と推定したテストケースの示す時期表示が合致するか見ます。
この課題に向き合う作業が生徒さんには大変なようです。
対象者が自分以外である場合はなおさらかもしれません。
新たな情報というのは大体、最近起きた出来事についてなのですが、
軸が関わるような出来事を見つけるのが結構難しいようです。

ですから、第三者を対象にされている場合は多めに情報を集めて頂いて、
課題の確認用にとっておいても良いかもしれませんね。

こうして確証が得られましたら
2つ目の課題は、その出生図を分析して頂くこととなります。

レッスン2の日程もここで決めていきますので、じっくり時間をかけて
取り組んでみてください。
この前終えられた生徒さんもレッスン2まで約3週間かけながら
課題と向き合っておられました。
ご自身で向き合うからこそ、その人にしか得られないものがあります。
それをぜひ体験して頂きたいのです。

 

レクティファイの有効性を確かめる

 

このレクティフィケーション占星術の個人レッスンは知識を学ぶだけでなく、
理論に基づき実践していくレッスンにしたいと考えています。
夕雅はそのためのサポートをいたしますので、課題に行き詰まりを感じた時は
ご相談ください。

これらの課題を経てレッスン2に入りますが、最初の出生図の分析は
生徒さんから行っていただきます。
こちらからもフィードバックしますので様々な視点から出生図を見ていきましょう。

個人レッスンの予定はこのようになってはいますが、
レッスン1でテストケースが推定できない場合も実はあります。
先日の生徒さん(Aさん)がそうでした。

次は、Aさんのケースを元にご紹介したいと思います(ブログ掲載のご承諾も頂いております)。

出来事を起こす動機が重要でした

絞り込めなかったレッスン1

Aさんはご自身以外の方のレクティフィケーションをご希望でした。
出生時刻については「8時までには生まれていた」との情報から
ご自身でレクティファイされましたが、それが本当に有効であるか、
確証が欲しくて個人レッスンを申し込まれたそうです。
早速、検証してみたところ、この出生時刻は有効であると私も感じました。

ただ、出生時刻の情報がどれだけ正しいか確認のためAさんに聞いてみると、
確かではない可能性もあるようでした。
そこで、8時を過ぎていた場合も含めレクティファイしていくと、
出来事と時期表示の合致するテストケースが見つかりました。

資料として作成したのはAさんがレクティファイした7時台の時刻のもの、
その有効性を実証するために作成した前後の時刻のテストケースを2例、
そして、8時を少し過ぎたテストケース1例の計4例でした。

レッスン1では4例のうちAさんがレクティファイしたケースと
夕雅の8時台のケース、この2つを検討しましたが、
どちらも出来事に近い時期表示が起こっており、レッスン内では
絞り込めませんでした。
ご自身以外を対象としたレクテイファイである事も大きかったと思います。
結局、どちらも有効とし、レッスン2までの課題としてAさんが取り組むことになったのです。

課題と向き合って見えたもの

その後は対象者の最近の出来事から2つのケースの時期表示を比較されていましたが、
決定打になるようなものはありませんでした。
また、ここ数年、それ以外に大きな出来事もないとのこと。
レクティファイも行き詰まったか…と思いきや、
その出来事の半年ほど前に起きていたエピソードが鍵となり確定しました。
Aさんが出来事と向き合って得られた結果です。

エピソードがあった頃、軸に関する重要な表示(ソーラーアーク)が
8時台のケースに起きていました。

水星=MC   MC=火星

MCは仕事や社会的立場を示します。
時期表示的にはとても重要な年であると思われますが、現実ではほぼ動きがなかったとのことでした。

実はこの時期表示は対象者の内面で起きていた重要な変化を示していました。
エピソードの内容は出来事に関する対象者の決意だったのです。
この仕事に関する決意は半年後に実行されました。

これまでの先の見えない状態から一変し、Aさんも私自身も納得した、
いきなりのレクテイファイ終了です!笑
最後のピースが突然現れ、パズルが完成した感じです。
これが、レクティフィケーションの妙味というのでしょうか…。

レッスン2の日程も決まり、Aさんは早速分析の課題に取り組んでいきました。

レッスン2では生徒さんが主体となって分析をしていきます。
新しい出生図には対象者の個性やAさんが意外に感じた一面も見えてきました。

また、来年の時期読みもしていきました。
2024年は対象者の土星回帰があります。また、その他の時期表示を見ても
社会に自分をアピールする時期であり、出会いに関しても象徴的な年になりそうです。
現実でも来年に向け、今から新しい仕事の準備に取り掛かっておられるとのこと。
それは、適職判定でも見えていたお仕事でした。
ちょうど土星回帰の頃、本格的に活動されるそうです。
来年はその方にとって重要な一年になりそうですね。

 

レクティフィケーション占星術のお知らせ

 

レクティフィケーションにチャレンジしよう!

 

夕雅のレクティフィケーション占星術・個人レッスンコース

ソーラーアークの知識がある方の
個人レッスン(1回目80分・2回目60分) 18,000円

ソーラーアークの知識がない方・苦手な方の
個人レッスン(1回目80分・2回目80分・3回目60分) 27,000円

※個人レッスンは時期表が出せる西洋占星術ソフトをお持ちの方が対象となります。

 

2回のレッスンでは、ある程度ソーラーアークとトランジットの知識が無いと
難しいと思われます。
それらが苦手な方用に3回のレッスンメニューもあります。
苦手ではあるけれどチャレンジしてみたい方は、ご検討いただければと思います。

 

夕雅のレクティフィケーション占星術・鑑定コース

レクティフィケーション鑑定(100分) 12,000円

レクティフィケーション鑑定では占星術の知識がある方、
ない方どちらにも対応しております。

 

ご予約は2回の個人レッスンとレクティフィケーション鑑定は10日前まで。
3回の個人レッスンは4日前までとなりますが、
第三者を対象とする場合は情報確認のための日数を考慮しまして、
10日以上前のご予約をお勧めいたします。

 

レクティフィケーション占星術についてはこちらもご参照ください ☟

 

夕雅のレクティフィケーション(出生時間の割り出し&修正)鑑定&個人レッスン – 心理占星術研究会 …. The School of Psychological Astrology… (astro-psycho.com)

 

 

 

⇒ 個室の写真など、北海道支部の情報はこちらでご覧ください。

 

カテゴリ一覧

アーカイブ