BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2024/06/22

モテる顔とは?整形と本当の魅力の秘密①

美人は性格がいいの?

モテる人とは一体どんな人なのでしょうか?最近、ルッキズム(外見至上主義)という言葉が広まり、YouTuberの影響もあって整形がカジュアルなものとして発信されるようになりました。その結果、中高生の整形希望者が増えているというニュースを目にしました。しかし、私はここで「ちょっと待って!」と言いたいのです。なぜなら、整形をすることでどこをどう変えるのかによって、その人の性格までもが変わってしまう可能性があるからです。整形によってポジティブになれる面もありますが、悪く出る場合もあるのです。

 

本当にモテる、愛されるというのは整形で手に入るものなのでしょうか?整形をしたいと考える中高生たちは、異性からモテたい、有名になりたい、「可愛い」「美人」と他者から思われたいからだと思います。それが自分自身の価値を上げ、自分に自信が持てるようになり、人生が明るくなると考えているのでしょう。その気持ちはよくわかります。しかし、間違った整形だけはしてほしくありません。そこで、モテる顔とはどういうものなのかを考えてみましょう。

 

よく耳にする整形の中で一番多いのは二重手術です。二重手術は骨をいじるわけではないので、人の性格に大きく影響を与えることは少ないでしょう。二重になったからといって、何かが劇的に変わるわけではありません。しかし、二重になることで目が大きく見えるようになり、場合によっては切開手術を行うことでさらに目が大きく見えることもあります。この「目が大きい」というのは、人相学的には「気さくでコミュニケーションが得意」という意味を持ちます。

 

どういうことかと言いますと、目が大きい人は多くの人と話したい、コミュニケーションを取りたい、とにかくおしゃべりが大好きで、心が開かれている人です。他者に対して閉じていないのです。そういう人は、多くの人と関わりたいという積極的な性格を持っています。確かにこういった性格の人はモテるでしょう。人と関わる機会が自然と増えますし、人を理解しようとする機会も増えます。そのため、目が細い人に比べて多くの人と深く関わることができ、恋愛に発展しやすいのです。

 

では、目が細かったら本当にモテないのでしょうか?答えはノーです。目が細くても魅力的な人はたくさんいます。例えば、アジアンビューティーと称される一重の切れ長の目を持つ人々です。クールビューティーと呼ばれ、その魅力は伝統的でありながらも洗練された印象を与えます。こういった人々は、誰とでもすぐに仲良くなるわけではありませんが、その分、選ばれた相手に対して深い絆を築くことができるのです。

 

クールビューティーな人たちは、ミステリアスで高貴な雰囲気を醸し出します。彼らと仲良くなるためには、相手側が努力し、人となりをしっかりと理解しなければなりません。そのため、目が細い人も十分にモテるのです。モテるという意味も多様で、誰にでも好かれることが必ずしも目標ではありません。本当に大切なのは、自分が好きな人から愛されることです。

 

目が大きい人は多くの人とコミュニケーションを取りたい、愛されたいと考えるかもしれませんが、目が細い人は自分が気に入った人とだけ深く関わればそれで良いのです。どちらのタイプであっても、自分に合った魅力を引き出すことが大切です。

 

次回は「鼻」についてお話ししたいと思います。お楽しみに。

 

このブログを通じて、整形に対する考え方や人との関わり方について少しでも考えるきっかけになれば幸いです。整形を考える前に、自分自身の内面を見つめ直し、本当に大切なことは何かを考えてみてください。外見だけではなく、心の美しさも大切なのです。

感謝の気持ちを持ち、自分自身を大切にし、他人を思いやることで、真の美しさが輝くのです。それが本当にモテる、愛される秘訣ではないでしょうか。

 

伊藤スミレ

 

『恋愛の神様を味方につける方法』~2024年6月のブログテーマ~

カテゴリ一覧

アーカイブ