BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2022/07/12

3択タロット「あなたが気になっているあのひと」リーディング

こんにちは、第三の眼代々木店の

内田ユミ(ルーヴルの魔女のタロット)です。

 

 

今日は、「あなたが気になっているあのひと」という

テーマで 3択タロットのリーディングをしていきます。

 

 

「気になっているあのひと」ときくと、

恋愛関係の相手に限定と

思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…

 

 

今回はそうではなく、

家族や友人、会社の上司、同僚など

 

二人のあいだの関係性や、相手の動向が

気になっているという意味での

「気になるあのひと」が対象です。

 

この文 ↑ を読んで

あなたの脳裏に最初に浮かんだ「あのひと」について

カードで観ていきましょう。

 

 

※不特定多数に向けた3択タロットです。

当てはまらないなと思ったら、スルーしてくださいね。

 

 

 

 

「あなたが気になっているあのひと」リーディング

 

選択肢の目印は次の3つです。

 

A:ペンギン

B:シロクマ

C:イルカ

 

 

あなたが気になっているあのひとのことを

思い浮かべながら、

どれかひとつを直感でお選びください。

 

 

無料★3択タロット「あなたが気になっているあの人』

 

 

決まりましたか?

A、B、C の順で読んでいきます。

 

 

 

A  ペンギン

 

 

<あのひとの現状>

・ソード3(逆位置)

・カップ2

 

<あなたへのヒント>

・ソードの5

 

 

<リーディング>

ハートに剣が三本刺さっている「ソードの3」は、痛みや悲しみを暗示するカードです(逆位置)。もう一枚の「カップの2」は、調和や安定、相性が良いなど。恋愛の文脈であれば、両思いのような意味にもとれるカードです。

 

あなたと、あなたが気になっているあの人との関係は、現状では バランスはとれているのだろうと思います。ただ、そのバランスは、あの人の心の奥に しまい込まれた痛みのうえに成り立っているのかもしれません。あなたも、それにうすうす気がついているからこそ、あの人との関係性が気になっているのではないでしょうか。

 

あなたへのヒントとして出ているのは「ソードの5」です。戦いや、一時的な勝利、などの意味を持つカードですが、このリーディングでの解釈としては、「戦う」というより、「状況を把握することを怠らない」というイメージが浮かんできます。

 

二人の関係性において、自分のあり方、環境、相手が表に出していないこと含めて、適切な調和を保っているかを意識するとよいでしょう。剣を上手に使って、いらないものを取り除き必要なものは確保して、あなたが整理してリードしてください。

 

★ペンギンを選んだあなたは、状況整理

 

 

 

 

B シロクマ

 

 

<あのひとの現状>

・ソード9(逆位置)

・ペンタクル 4(逆位置)

 

<あなたへのヒント>

・カップのキング

 

<リーディング>

1枚目の「ソード9」には、暗い部屋でベッドに入って、顔を伏せているひとが描かれています。壁には剣が9本かかっています。もう1枚は、得た財産を抱え込んでいる商人のカードです。小さな成功やステップ、あるいは執着を意味します。この2枚は、動機は違うのですが、どちらも動かない(動けない)状況を暗示します。今回は、2枚とも逆位置で出てきました。

 

あなたが気になっているあのひとは、「今の状況から、そろそろ出たい」と思っているのかもしれません。今までの考え方や価値観を変えたい、あるいは、今すでに手にしている立場、現実的な財産のようなものを手放してでも、次の場所に行きたいというステップを迎えたのかもしれません。

 

あなたへのヒントとして出てきたのは「カップのキング」です。荒れる海のなかで、玉座は安定しています。カップは、心や感情の象徴なのですが、その世界の王様として、カップのキングは堂々と座っています。度量の大きな優しい王様のイメージです。王の両手は、カップと王笏で塞がっています。王の役割は 君臨することで、実務ではないのです。

 

あなたがあのひとに できることは、見守ることだと言われているように思います。具体的に何か手助けするというより、いつも一定の距離感のところにいて、絶対的な安心感を持って接すること…。

 

それでももし、何か行動として働きかけることがあるとしたら、「どんな状況であっても、私はあなたを応援しているし、愛している」と伝えることまでではないかという気がします。

 

今、あなたに求められているのは、行動よりも、大きな器で受け止めるという「在り方」のようです。あのひとの局面が変わったとき、あなたができることも変わっていくので、そのタイミングも含めて見守ってくださいね。

 

★シロクマを選んだあなたは、見守る愛

 

 

 

C イルカ

 

 


<あのひとの現状>

・ワンドのキング

・ペンタクル のナイト(逆位置)

 

<あなたへのヒント>

・ワンド9(逆位置)

 

<リーディング>

情熱をあらわす木の棒(ワンド)を手にして玉座に座っている、魅力的な王が「ワンドのキング」です。もう一枚のカード「ペンタクル のナイト」には、馬をとめて、豊かな大地を見渡ししている騎士が描かれています(逆位置)。

 

あなたが気になっているあの人は、気力が充実して、周囲からの尊敬や信頼、あるいは憧れなどを受け取っている人かもしれません。すでに、いろいろなものに恵まれているように見えるかもしれませんが、ご本人としては、まだまだ貪欲に得たいものがあって、ここで止まらずさらに進みたいという、志の高さを持っているようです。

 

そんなあのひととの関係における あなたへのヒントは「ワンド9」逆位置です。

このカードに描かれているのは、頑張って戦ってきた人です。頭に傷を負ってもなお、棒を握りしめています。背後には、防御壁のようにワンドが並んでいます。

 

あなたは、これまで十分頑張って戦ってきていて、心情的には守りに入りながらも、もうこれ以上傷を負わないように戦いの姿勢をとっているのかもしれません。

 

このカード(ワンド9)の逆位置でよく出てきやすい解釈は、シンプルに言えば「警戒を怠らないでくださいね」ということですが、今回のリーディングの流れとしては…。あの人との関わりの中で、頑張ったり、戦ったりしないとついていけないようなことはないか、見直してください、ということだと感じます。

 

「頑張る・頑張らない」とか「理解する・しない」「受け入れる・警戒する」などのような観念から少し離れてみる。具体的に言うなら、あなたの希望とあのひとの希望は、少し種類が違うことを受け入れよう、という感じがします。

 

それを認めることは、もしかすると 今のあなたに多少の痛みをもたらすかもしれませんが、ずっと臨戦態勢で居続けるよりは、長期的にみて関係性を良くするでしょう。

 

今はもう、この状態(=戦うという姿勢)は、機能していないということを認識することで、あなたの気持ちが緩んで、あの人との関係が違った局面に入るような気がします。

 

★イルカを選んだあなたは、違いを受け入れる

 

 

**********

 

三択リーディングはいかがでしたか。

何か心に響くフレーズがあれば幸いです。

 

 

 

ルーヴルの魔女のタロットリーディング

 

タロットは、「今どうなっているか?」という状況や

「少し先の未来に、どうしたらいいか」という指針を

出すのに適しています。

 

あなたのお悩みや問題を整理しながら

カードを引いて行きます。

 

 

セッションに来ていただいた方には

気持ちの整理と、問題解決のヒントを

得ていただけるようリーディングを行なっています。

 

 

▽内田ユミ詳細ページ

https://www.daisannome.biz/fortuneteller/yumi_uchida.html

 

 

◇2022年 7〜8月の担当日

・7/17(日)
​・7/25(月)​
・8/ 8(月)
・8/21(日)
・8/22(月)

内田ユミ

(タロティスト/ルーヴルの魔女)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

アーカイブ