BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2020/05/13

願望実現の中にある挫折や失敗

願望実現に関して分からないことが色々とあって、
長いこと探究を繰り返しきていましたが、
段々とその輪郭が見えてくるという、
表現に近いことが分かって来ました。

まず、願望は誰でもすぐ叶う、
という傾向は真実だと考えてます。

しかし、願望実現に挫折や失敗を感じるとしたら、
それは、願望が何か忘れている可能性が高いです。

また、私たちは無意識に行動する男性的な部分を持ち、
その時は細かいことを考えない、知らない、状態で、
何かの方向に向かって行くことも多々あるわけです。

ですから、色々な挫折や失敗を感じるとしたら、
まず、どんな願望によって行動を起こしたか、
女性的な部分を生かし、止まって見ることは必要です。

そのような側面を持つ願望実現では、
多くの人が大体自分の願望に従った状態にいると思います。

また、地球は下手すると凄い速度で、
駆け抜けてしまうような力があり、
最初の意図によって目的に向かったまま、
目的を忘れてしまうことはあり得ると考えられます。

そうなるといまの時点で大切なことを言うと、
そもそも、願望は何かの体験や経験を得たいわけで、
体験や経験を得た後に何を思うか、何を考えるかは、
願望がある時点では分からないのです。

そうすると、願望実現に向かって、
挫折や失敗を味わったとすると、
自分の願望による体験や経験に対して、
感触を得て、考えを変える必要があるとも言えます。

私の場合、色々なことを追求したい欲望から、
色々と考えて究明しようとする癖があって、
そういう時に、不安定な領域に足を踏み入れて、
挫折や失敗を色々と体験しました。

それでも、結果的に知りたいことを得たことで、
願望実現となったのですが、
そんなことを続けていたら、生活できませんね。笑

いままで、転換期になって来ていると、
ブログでも言って来たわけですが、
このぐらいの変化が実現すると、
それぞれの人の無意識の願望の結果として、
どんな願望がだったか?
少しは理解出来るかもしれません。

さらに、もう少し願望実現に関して違う角度から考えるなら、
あらゆる体験や経験の中で未知の領域に向かうとする、
傾向があると言えます。

それは個人差がありますが、
それぞれの人間にとって未知の領域は違い、
安定した未知の領域もあれば、
危険に満ち溢れた未知の領域もあります。

誰よりも先に先陣を切って、
未知の領域に足を踏み入れたい欲望があれば、
その開拓は危険であり、
失敗と至福が交互に訪れるような冒険になるわけです。

もし、その冒険に向かって行ったとすると、
いま言えることは、どんな感情になるかが、
大事なところになるわけです。

願望実現では、危険な冒険の結果として、
悲観や失望、恐怖の感情を味わったら、
その感情に翻弄されて、
実際に望んで向かったとは思えません。

ですが、基本的に望んでないことは実現しません。

ですから、感情に翻弄されないで、
きっちりと自分の意図を制御出来る状態で、
冷静になってみることがまず大事です。

地球は未知の開拓へと私たちを誘惑します。
その誘惑にふたたび期待を抱き、
向かって行こうとする力が活性化しそうです。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ