BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/02/04

風を吹かす 水瓶座の水星逆行

こんにちは!
第三の眼・代々木&オンラインのぐらはです。

現在水瓶座で、水星が逆行中です。
1月31日~2月21日まで約3週間続きます。

水星逆行については、1月28日発行のメルマガでも触れましたので、
ぜひ、そちらもお読みください。(最後にリンクの貼りました)

 

毎年3回ほどある水星逆行の注意点ですが、
人とのコミュニケーションや情報伝達、ビジネス、交通など、
物事を運ぶシステムすべてに関して、遅延やミス、誤解や勘違い、
故障などが起きやすいのでご注意ください。

また、契約や大きな物事を決めることは避けたい期間です。
逆行は通常の運行とはスピードが変わるために、異例なことが起きやすいのです。
この期間は焦らず慎重にお過ごしください。

 

ある意味よいタイミングです。
このまま進んでいたらかなり危険だったかもしれません。
宇宙のスケジュールは絶妙です。ここ近年はそう感じることが多いです。

すでに、なんだかおかしい現実にもうお気づきのはず。
客観的になって、現状を見つめ直す必要があるかもしれません。
再考の余地ありですから、点検や再調査をしておきましょう。

 

知的な風のサインである水瓶座のモードは固定です。

思想傾向や政治的な意見などに関連する知性です。
そのポリシーゆえに頑固であり信念を貫きます。

右か左か、リベラルか保守か、民主主義か共産主義か、
イデオロギーからくる二極の対立も、何かゆがみが生じていているようです。
大きな逆転劇が、静かにも起きているのかもしれません。

思い込んでいたことも、ちょっと距離をおいて、感情的にならずに、
冷静になって見てみれば、ことの本質があぶりだされてくるかもしれません。

 

また水瓶座は、社会的な立場や利害関係とは一線を画して、
事実を伝えるジャーナリズムの姿勢にも関連します。

ある調査によると、政府の指導者、企業経営者、ジャーナリストが
うそや誇張を流していると信じる人が、世界的に増加していると発表しています。

いまや情報検閲による言論統制、操作や誘導が起きていることは明らかです。

世界的に政治やメディア、大企業の信頼が揺らいでいます。
つまり、一般国民は「信用できない」と主張しているのです。

 

水瓶座でグレートコンジャンクションがあって、
これから”風の時代になる!”が合言葉みたいになりました。

多くの人が、個人のそれぞれの立場から風を吹かせています。
それらの同志が集結すれば大きな旋風を巻き起こすことも可能でしょう。

現在は、大多数の人は信用できる情報を得ることができません。
それゆえに草の根的に情報共有していくことが、これから大事になってくると思います。

 

垂れ流される情報を鵜呑みにしない。
情報は自分で調べてつかむ。
自分の見識を養って判断する力をつける。

逆行は、再学習やトレーニングの意味もありますから、
ぜひ、気になることを突っ込んでみることをおすすめします。

新しい指針を決める重要な判断材料をピックアップするときです。
それが新しい活動を生み出すでしょう。

「自分ができることをしていく」 
当たり前のことのようですが、真に目覚めた人は風を吹かすでしょう。

 

KOYOMI*水瓶座の水星逆行スケジュール

1月29日 ○満月
1月31日 水星逆行開始 水瓶座27度
2月02日 節分
2月03日 立春
2月05日 下弦
2月08日 水星と太陽, 合 水瓶座21度
2月10日 水星と火星, スクエア
2月12日 ●新月 水瓶座24度/旧正月・春節
2月13日 水星と金星, 合 水瓶座15度
2月15日 水星と木星, 合 水瓶座14度
2月20日 上弦
2月21日 水星順行 水瓶座12度

※度数は数え度数です。

 

【2021年1月29日:獅子座10度で満月】
https://www.daisannome.biz/blog/astrology/moon/12285/

アーカイブ