BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2022/08/08

社会の雲行きー木星の働き、魚座から牡羊座へ

こんにちは。代々木店&オンラインのぐらはです。

8月7日に「立秋」を迎え夏土用が明けました。
これからあいさつは残暑見舞いになります。

去る7月29日の新月は、旧暦7月、文月です。
文月は初秋にあたりますから、旧暦では先に秋に入っていましたね。

まだまだ暑さがつづくと思いますが、
やはり、虫の音に早くも秋を感じてなんだかホッとします。

今回の新月、どんなテーマでスタートしたか確認してみてくださいね!

獅子座の新月リーディング|by Graha

 

今回は、私たちの社会で重要な目的、プランがあって巡っていることを
強く意識させる木星についてお話します。

 

そもそも木星の意味と、2022年の木星の動き

木星は、公式でみんなが「いいね」と言い合う世界

雑誌でも「幸運」の根拠となっているのは木星ですね。
ですが木星は棚ボタ的に、時が来ればやってくる幸運というものではありません。

木星はその位置(火星と土星の間を運行)から言っても、個人的なものではなく、
社会常識や倫理、社会に参画している人たちの総合的な同意であり、
その集団的な力で社会を改善し、発展させようとする働きです。

つまり公式で、公共でみんなが「いいね」と言い合う世界です。

 

2022年、木星は魚座と牡羊座の間を移動する

2022年は、
魚座が意味する「終焉」「幕引き」「浄化」により、終わらせることと、
牡羊座が意味する「新生」「創造」「立て直す」、新しく生まれ変わること、
終わりと始まりが折り込まれた混沌とした年です。

その結果、新しい世界観を手に入れたならば、前向きに準備すすめていく
重要な年と言えます。


木星が12サインの最後の魚座から、12サインの始まりの牡羊座への移動のイベントです。

 

木星は、牡羊座を逆行中

現在、木星は牡羊座の9度で逆行中です。
ですがまだ、なんだか牡羊座に入った気がしない…。
ヘリオセントリック占星術(太陽を中心においたホロスコープ)では木星は魚座の終盤の29度にいました。

7月29日新月の直後に木星は逆行を開始しました。
そして10月28日に再び魚座に入ります。

下に木星の逆行・順行のタイムラインを記しました。気になる方は確認してみてくださいね。

 

いつからか、木星の力が強くなったような気がしています。

やはり木星というのは「善」なる意識によって社会全体を改善する働きです。
その効果がはっきり表れるのが逆行期間中で、毎年この期間に注目しています。

魚座は古典において木星が支配星でしたから、
今でも、魚座の木星は強い改善の効力を発揮するとみてよいでしょう。

 

魚座の木星が意味すること

「徳」のあるなしや「徳を積む」「陰徳」といった、開運という実践に
取り組んでいる人が、飛躍的な成功や金運が上がったといったような話がありますね。

ちょっと説教的なアプローチですが、
つまり「日頃の行い」善行が運勢を良くするよ、というのもやはり木星的です。

最近は特に「開運」というジャンルに興味が向くのは、木星が魚座に入ったからでしょうか?

皆さまは、何か運が良くなることを実践していますか?

 

地上は「現世(うつしよ)」といいます。
「幽界(ゆうかい)」霊的世界の映しであり、より上位の世界の下流であると言います。

地上世界が変化していく過渡期には、
そうした可視、不可視の世界のそれぞれが合わさって、
新しい世界の創生へとつながっていくのだと思います。

ならば、これまで目に見えなかったことが、
表にあらわれてしまうのが魚座の木星の効用でしょう。

 

魚座はラストサインですから、すべてのものが大海に流れ込むがごとき、
今に至る過去の出来事から経験などが、すべて合わさり総合化されます。

場合によっては、何の優劣も、善悪の判断もわからなくなって、
価値観が総崩れになるかもしれません。

現象として起きてくる、崩壊、終焉、混沌、混乱、流出、漏洩、消失、蒸発…。
これまでかく在るべきものと思い込んでいた「かたち」が
無くなる、効力を失ってしまう働きです。

 

そうなった時に、一番大切なものに気づき、それを救い出します。

精神的な気づきや解放、覚醒、癒し、浄化、救済、許し、改心…。
寛容や慈悲心、融和の精神が広がれば、社会のありようが変わるチャンスでしょう。

それは形ではなく、精神性、スピリットであり、
時空を超えた本質的なものです。

そこに嘘も飾りもない「因果」の顕れてくるのです。
そしてそこが、新しい世界観が生れる土壌となるでしょう。

 

牡羊座の木星。新時代へ、これからの未来イメージは?

いずれにせよ、木星が逆行を開始したことで、
不正やアンモラルなスキャンダルや事件が次々と浮き上がってきて、
国際社会も、世界全体が混乱と停滞期間に入りました。

これら混沌劇を見せられ、いよいよ時代が変わることを実感させられるでしょう。

全体責任として、皆がそれぞれ問題に向き合わされますから、
これまでの認識や、考え方、これからの生き方を考え直す期間になります。

 

木星の働きは、皆に認知させることにあるので、
共通認識として知らしめるイベントです。

そこから集団的合意の結果によって、
新しい時代へと運ばれていくことになります。

私たちのひとりひとりが未来の選択をしていくのですから、
新しい未来、これからの世界のイメージをどう描くのかが、
大切であることがわかります。

 

木星が数の原理で、誘導されていくものでもあることを考えると、
このまま大多数の世間的合意に受け身の、思考停止状態を続けてしまったら、
ディストピアな未来が待ち受けていると、感じてしまうのですが、

皆さんはどのように感じているでしょうか?

今、起きている社会現象を、大局的な目線で、
冷静に客観的に見ていく必要を強く感じます。

 

あなたが知っている一番大切なもの、
見いだし、救い出した大切な価値あるもの、
それをしっかり握りしめて、大変化の海原を進んでいきましょう。

 

魚座木星から牡羊座木星へ、移動のタイムライン

2021年12月29日 木星魚座入り
2022年
04月12日 木星と海王星,コンジャンクション 魚座24度
05月11日 木星牡羊座入り
05月29日 木星と火星,コンジャンクション
07月29日 木星逆行開始 牡羊座9度/●獅子座新月
09月23日 秋分
10月28日 木星魚座入り(逆行)
10月30日 火星逆行(~2023年1月13日迄)
11月24日 木星順行 魚座29度/●射手座新月
12月20日 木星牡羊座入り
12月22日 冬至

◎ヘリオセントリック(太陽中心)
2021年09月21日 木星魚座入り
05月30日 木星と海王星,コンジャンクション 魚座23度
08月18日 木星牡羊座入り

 

アーカイブ