BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2022/06/06

発する言葉を変えると起こること

こんにちは!第三の眼 代々木店&オンラインの心理占星家、森智子です。

水星逆行を自分バージョンアップに活かす

5/10から始まった、双子座-牡牛座での水星逆行が、6/3に終わりましたね。

水星逆行期間中は、占星術界ではよく、
コミュニケーション・移動・通信のトラブルや物事がスムーズに進まない、
振り返りの時期、なんて言われています。

だからと言って、水星逆行中に起こった出来事を、星の所為にして終わりにするのは、勿体無い!
水星逆行を「やる・やらない」の判断の根拠にするのも、個人的には、如何なものかと思っています。

むしろ、物事がスムーズに進まないと感じる水星逆行の時期だからこそ、気づくべき重要なことがあるはずです。

与えられたチャンスと捉えて、自分自身を振り返り、水星逆行を
人生をバージョンアップさせるために活かせると、とても有意義な時期になると思います。

 

仕事のトラブルやミス

斯くいう私も、この水星逆行期間中、個人やチームでの、仕事のトラブルやミスが続きました。

普段、私は、心理占星術師とは別の顔を持ち、BtoB オンラインサービスを提供する企業で、
運営として、様々なクライアントとお仕事をさせていただいています。

先日、ある仕事で、不注意からミスをしてしまって、
(やってしまった!まずい!)と思い、平謝りをした時、

『あなたが間違えたことは、誰にでも起こり得ることです。
これは仕組みの問題でもあるので、改善策を考えましょう。
教えてくれてありがとうございます。』

と言われました。

なかなか、こんな風に言われることはなく、
人間なのでミスは仕方がないと大目に見ていただけても、感謝されることはほとんどありません。

そして、ミスや失敗についての対応を以下のようにご提案いただきました。

 

▷ ミスを指摘されたら、
「気づいていただきありがとうございます!」と言って、さっさと業務に取り掛かりましょう。

▷ 自分のミスに気づいたら、
「〜〜なミスをしたことに気づきました。対応はいかがいたしましょう?」とご連絡ください。

▷ 必要以上に謝罪したり、落ち込んだりする必要はありません。

 

このルールに則って仕事をしていると、
つい、「すみません」「申し訳ございません」と言ってしまいそうな自分に気づき、
一呼吸おき、「すみません」を飲み込み、
「気づいていただきありがとうございます!」と言えるようになります。

そして、業務に関わる全ての人が、
言葉を変えることで、コミュニケーションが非常に軽くなるのを感じます。

もちろん、心から謝罪が必要な場面はあるのですが、
本当の意味で謝罪と感謝の区別をつけることは、自分にも相手にとっても心地の良いものです。

 

「すみません」を「ありがとう」に変えること

先日読んだ新聞に、他人に何かしてもらった時、アメリカでは、
自分の嬉しい気持ちや助かったという利益(=benefit)が重視され、
日本では、相手の負担(=cost)が重視されているという
内容の心理学者の記事があり非常に興味深かったです。

だから日本人は、そのような場面でも、自分のために労力を使わせてしまったと思い、
「すみません」「申し訳ありません」と口にするのだそうです。

原因は、文化的背景に起因しているため、なかなか根深い問題ではありそうですが、
まずは、つい口にしてしまう「すみません」を「ありがとう」に変えることで、
心理的負担を軽減させ、自尊心や幸福感を高めることできます。

感謝したい場面では、もちろん、素直に「ありがとう」と言えばいいと思います。

たとえそれが、自分の失敗を指摘してもらった場面であっても、
その失敗は、改善につながる重要な失敗なのだから、「ありがとう」と言えれば、
きっと少しずつでも、大きな変化が起こるはずです。

 

発する言葉を変えて、思考へ影響を与える

私の好きな言葉に、マザーテレサの有名な言葉があります。

「思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい。それはいつか運命になるから。」

つまり、思考が運命になる。思考が現実を創っている。

ただ、人間は、1日に約6万回もほぼ無意識に思考していると言われるなかで、
コントロールすることは非常に難しいです。

だから、発する言葉を変えて、思考へ影響を与えることで、
現実を良い方向へ動かして行くことができるのです。

双子座〜牡牛座の水星逆行期、まさに、言葉が現実を変えていくことを意識し、
コミュニケーション方法の改善に向き合えた有意義な期間でした。

 

>>>『思考と現実化』~2020年4月のブログテーマ~

アーカイブ