BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/08/20

心と体を整えていく『コロナ禍におけるメンタルヘルス対策』

こんにちは!第三の眼 代々木店&オンラインの森智子です。

もうすぐ子供達の夏休みが終わりますね。

コロナ禍の他に、大雨にも見舞われ、思うように外出もできず、
我慢の多い夏休みを過ごしているご家庭も多いのではないでしょうか。

先日の長雨の時、束の間の晴れに買い物に出かけたら、
すぐに雨に降られてしまい、急いで帰宅しました。

その途中、レインコート姿で、虫取りをしている親子を見かけました。

もしかしたら、せっかくの長い夏休み、遠くに出掛けられなくて、
虫に興味がある息子さんのために、束の間の晴れ間をめがけて、
念の為レインコートを持って、外出されたのではないか。

なんて勝手に想像してしまいました。

このところ、日々目にするニュースは、見ているだけでしんどくなるようなことも多いですね。

コロナ禍で、今までも日々大変な思いをされていた方が、
より厳しい状況に立たされている現実も耳にします。

8月のブログテーマ『コロナ禍におけるメンタルヘルス対策

それぞれに色々なものを抱えて生きていく中で、

自分の心と体を整えていく。

ということは、より一層大切になるのではないでしょうか。

人は、安心できる環境にいることで、
自分に対して、関心や信頼を抱き、挑戦や行動することができます。

今、コロナ禍で、外側に安心安全を求めても、不安になることの方が多いでしょう。

そんな時だからこそ、

内側に安心を感じられる機会を積極的に作る。
この人だったら、(ここでだったら、)話してみよう。と思える関係性に取り組んでみる。

時々、お客様で、悩みやお話を伺い、ホロスコープを通して対話を進めていくと、
「森さんはどう思いますか?」と聞いてくださる方がいます。

占い師として占星術の視点で、ホロスコープから読むのではなく、
ひとりの人としてどう感じるか。

お客様が直面しているお悩みについて、私個人の経験に基づく考えや思いを伝えると、
素敵な人に出会えたと言っていただけることもありますが、
どちらかというと、私個人に向けられたその問いに、こちらが救われたような気持ちになります。

「あなたは今、なにを感じている?」

多すぎる情報や雑音を消して、
大切な人が近くにいる人は、お互いにそんな会話ができると、
心が少し軽くなるのではないかと思います。

話を聴いてもらい、関心を向けられることで、
自分に対する肯定感や信頼が強くなり、少しずつ心身が整っていきます。

誰かや何かではなく、セルフコーチングのように、
自分自身に問いかけてみる習慣をつけてみることも、とっても役立ちます。

また、ゆっくりと、自分のために時間を作って、
第三の眼の様な場で、占術家を活用してみるのも、良い方法だと感じています。

●『コロナ禍におけるメンタルヘルス対策』〜2021年8月ブログテーマ〜

アーカイブ