BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/12/31

2019年中にカタをつけ、2020年を迎える、そして土星・冥王星

こんにちは。第三の眼(大阪・芦屋・オンライン)のKyokoです。

 

2019年中に、これを終わらせなきゃ、悔いが残る。
すっきり新年を迎えられない。
だから、何をおいても、これだけは達成したい!

 

そう、心に決めていたのが『新メンバーの確定』。

 

意を決して最優先でエネルギーを傾けた結果
めでたく、2019年中に実現することができました!

 

新メンバーは、既にお仕事をスタートされている
西村侑記さん含め、3名です。

 

メンバーが決まっただけでなく
年末までに、プロフィールもメニューも、すべて準備万端。
あとは、プロにWebサイトにアップしていただくだけ、と相成りました。

 

これで、心おきなく新年を迎えられます。

 

既にブログや新月メルマガでご案内させていただいたように
当店は、2月以降、メンバーの変動があります。

 

新メンバー探しは、
お店ぐるみで去年から続いていましたが
なかなか決定に至っていませんでした。

 

それが、この11月から12月で
ダダダっと3名もの新メンバーが決まってしまうのですから
巡り合わせとは不思議なものですね。

 

文句なしに素晴らしい皆様に
お集まりいただくことができました。

 

選択の基準は
現メンバーが持ち合わせていない
個性・経験・技術・知識・才能を持っている人たち。

 

そう決めたときから
スムーズに事は運びました。

 

組織には、互いを補い合い、刺激し合える
質の高い多様性が必要なのだ、と切に思います。

 

第三の眼の店長をはじめとするスタッフとは
試行錯誤の過程を共有することになりましたし
それぞれ多大なエネルギーが必要だったと思いますが
かけた甲斐があったと今だから言えます。

 

さて、占星術的には、2020年1月
土星・冥王星のコンジャンクションが形成されます。

 

このアスペクトから
『社会の枠組の大きな変化』
を予言する占星術師は多いです。

 

けれども、このアスペクトに限らず
『社会の大変化から自分が受ける影響』ってどんなもの?
と戦々恐々とするよりも

 

ひとりひとりが、
自分の人生の中で起こしていく変容の集合体として
社会全体が変わっていく、と捉えたいです。

 

ひとりひとりが、土星・冥王星を、
どう体験し、吸収し、還元していくかが大事だと思ってます。

 

「何が起こるんだろう」

じゃなくて

「何を起こしますか?」

ということです。

 

その質や内容が
その後のトランジット体験の質をも
方向づけていくのでしょう。

 

2019年『第三の眼』という小さな組織においても
この土星・冥王星の影響を受けてか
メンバーの進退問題だけではなく
大げさに言えば「組織存亡の危機」
を感じさせる出来事が複数起こりました。

 

実際「お店をやめる」ことを勧める人もいました。

 

けれども、私達は継続していくこと
新陳代謝しながら再生していくことを選んだわけです。

 

それが私達の組織における「土星・冥王星」体験でした。

 

色々ありましたが、今となっては
冥王星が運んできた「危機」は
土星が象徴するような、
「マンネリ」的な惰性を打破していくために
必要なショックだったのかもしれないと思います。

 

「こんなもんでいいだろ」的な
保身、妥協、習慣に対して「ノー」と言う。
カツを入れるための出来事だったのかもしれません。

 

そして土星が維持もしてきた
良き「伝統」を「継承(冥王星)」していくために
必要な試練だったのかもしれません。

 

「冥王星」は続けるべきか、終わらせるべきか
そのリトマス紙的な試練を投げかけてきたのですね。

 

存続することが「善」ではありません。
続けられれば、何でもいいわけではないのです。

 

2020年1月13日は、時代の変わり目
役割を終えた「組織」「計画」「枠組」「システム」は
ここらを境に終焉を迎えます。

 

しかし、終わることも悪くない。
これまでの経験を糧に新しく始めるだけ。

 

続くのも悪くない。
良きものを継承しながら新しく始めるだけ。

 

いずれにしても、新しいはじまり。
ひとつの節目が、2020年1月というわけですね。

 

「新しい歴史を始めよう」
「もっとパワフル、深い影響力を持つ組織になっていこう!」

 

土星・冥王星の象徴を
そのように具現化しようとイメージすると
なんだか、わくわくしてきます^^

 

新生「第三の眼」は、ひとりひとりが
「価値あるもの」「本物」を持ち寄りながら
新しい歴史をつくっていくことになります。

 

新しいメンバーが加わることで起こる化学変化が楽しみです。
社会に新しいインパクトを与えられる存在を目指します。

 

ということで…

引き続き、第三の眼を、どうぞよろしくお願いいたします^^

 

『新しい年、2020年に備えて』~2019年12月のブログテーマ~

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ