BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/10/13

人間関係の異変と『バランス』 天秤座の水星逆行

こんにちは。第三の眼代々木店&オンラインのぐらはです。

現在、水星が逆行中です。

一時騒然となったフェイスブックの通信障害などシステムトラブルが目立ちます。
現代社会はインフラにしてもシステムありきですから、まだまだ油断ならない時です。

9月27日から始まり約3週間。
順行に戻るのは10月19日です。

 

今年最後の水星逆行は、風のサインの天秤座で起きています。

人間関係で悩んでいる人が多いですね。
軽いものから、積年の根深いものからとさまざまです。

私の場合ですが、
右手首の骨折から4か月がたち、現在リハビリの指導や治療を受けています。

逆行に入って、すぐふと思ったのは、
その治療方針というか、医者を変えようかなと。
先生はイケメンだし、まじめで良い方です。
お任せしてやってきたのですが、思うように改善していないこともあって、
私自身の取り組み方も含めて再検討しているといったところです。

治療については、ドクターによって見立てや方法も違いますから、
セカンドオピニオンや代替療法などを検討したりと、そうした選択肢は普通にあることですね。

相手の言いなりではなく、納得のいく方法を自分で調べて選択するときです。

 

しかし通常の人間関係において、相手に対する評価や思いが変わることは、
一種の「心変わり」だったり「浮気」ともいえるようなものになるわけです。

今まで特に問題なく進めてきたけれど、
ちょっと待てよと、疑問が湧いてきて、考え直そうかなとふと思ったり…
天秤座ですから、比較や、別の可能性とかさまざまな選択肢の中で揺れるわけです。

「良い人だ」と思っていたけど、悪い面を感じ始めたり。
その逆もしかりで、「悪い」と思っていたけど、良い面に気づいたり。

視点の変化で、相手に対する評価が変わることは当然のことで、
良いも悪いも視点の違いから見える風景のようなものです。

そういう意味で、天秤座の水星逆行は、
さまざまな角度から物事を見ることができる視点を獲得していると言えます。
掘り下げる効果もありますから、判断材料をかき集めているわけです。

 

事を荒立てたくはない。マナーを心得て場をおさめる。
お世辞や励ましのことばで、相手に気遣い、仲良く協調して
関係を良くしたいのが天秤座のスタンスです。

しかしそれが心からできることでなかったら、
無理や我慢をかかえることになります。
そして水星逆行のときに、その心の声は神経に障るのです。

人と人が向き合えば、好き嫌いの感情や、相手に対する態度や愛情表現、
恋愛感情をめぐる出来事は、何らかの火種となります。
社会で活躍する場を獲得すること、利益を生み出す関係の中で、
つまり「人とお金(利益)」から問題が発生するのが天秤座のフィールドです。

対抗に牡羊座をもつ活動サインの天秤座は、
火種発生サインとも言えるのです。

 

そして現在の大きなポイントは、
背景に水瓶座の木星と土星があることです。
もっと客観的に、俯瞰的に関係を見なおす時にあるわけです。

去年からコロナ禍の効用あって、
会社や家族、立地など生活の都合上これまで固定されていたものから
解放されて生き方を変えている人が増えています。
社会もそうした基盤をつくりつつあります。

 

現場で日常のリアルな交流が発生しているのが天秤座のフィールドですが、
その現場で反旗をひるがえすのが水瓶座マインドです。

水瓶座の視点とは、その場の取り繕いに批判を投げかけます。
変えなければならない事が見えていて、未来への先見や希望があるからです。

水瓶座にとっては、もはやそこには欲しい情報はなく、興味もありません。
例えれば、一般的なメディアのTVなども見ない人で、独自の情報源を持っている人です。

つまりその場で渦巻く、人間関係や利益から、
その火種からドロップアウトしているわけです。

そうなると「バランス」する努力からも解放されていることになりますね。

(つづく)

 

天秤座の水星スケジュール

08月30日 水星, 天秤座に入る
09月23日 秋分
09月27日 水星逆行(天秤座26度)
10月01日 水星と冥王星, スクエア
10月06日 ●新月天秤座14度
10月10日 水星と太陽と火星, コンジャンクション
10月17日 太陽と冥王星, スクエア
10月18日 木星順行, 水瓶座23度
10月19日 水星順行(天秤座11度)
10月20日 ○満月 牡羊座28度
11月05日 ●新月蠍座13度
11月06日 水星蠍座に入る

 

『バランス』2021年9月のブログテーマ

アーカイブ