BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/12/15

変わりつづける世界観―射手座の威力

こんにちは。
第三の眼代々木店&オンラインのぐらはです。

メルマガで新月リーディングを担当しました。
12月4日(新月)から12月19日(満月)までの星模様
参考になれば幸いです。
次号は、満月の前日12月18日配信予定です。

ご登録がまだの方は、ぜひ登録を済ませて
毎月の「新月&満月」の情報を受け取ってくださいね。

 

射手座の日蝕が引き起こした変動

12月4日、射手座で日蝕が起きました。
射手座の不思議というか、その威力についての気づくことあり、
ちょっと射手座をめぐってづれづれ書きます。

 

去年の2020年12月15日に起きた日蝕も射手座でした。

チリ・アルゼンチン・南大西洋皆既日蝕 
2020年12月15日 射手座23度(数え)オーブ約4度

南極皆既日食
2021年12月04日 射手座13度(数え)オーブ約11度

日蝕のパワーはノードとの接触度合い(オーブ)によって強弱があります。
今回は去年にくらべると弱めと言っていいかもしれません。
前回がかなり強力だったので、いまだ継続中でそれを上書きしたような印象です。

2020年も水星が会合した日蝕でした。
去年が強力であるもっと大きな理由は、海王星がスクエアで介入したことです。

だから現在も、情報や思考のレベルに混乱が引き起こされていることに
変わりがない状況です。

集団的なものなので、この異常さは地球を外から見るといった
宇宙飛行士の視点にならないと気づけないかもしれません。

「情報のリテラシーを高めましょう」と書きましたが、
私達は高度情報化社会の混乱の中にいて、
この今の世界にどう向き合ったらいいのかを模索しています。

「自由と真実を求める強固な意志力」射手座の火の介入

射手座は、柔軟宮の火のサインです。
海外や広い世界への探求心や、生きるとは何か、私は何者か、
人生とは何か、といった哲学的思考を高めるフィールドが射手座です。

こうした哲学、思想といった抽象的な思考力を
沸き立たせるものの正体とは何でしょうか?

現実の制約から解き放たれよ!自由を求めよ!

本質的な問い。素朴な疑問。
真実を知りたいという情熱。
未知なるものへの憧憬…。

 

世界観がどんどん変わっている現実を生きていることがわかります。

その感じが強くなったのは、いつからかだったのか?

2015年、2016年。イギリスが国民投票でEU離脱を決めた年。
アメリカでドナルド・トランプが登場し、予想を裏切って大統領に決まった年。

私も当時、え~~世界はどうなっていくの????
何かが大きく変わってしまい、その計り知れなさを感じていました。

この年、射手座の土星は海王星とスクエアを形成しました。

2015年11月26日 土星, 射手座8度
2016年06月18日 土星, 射手座13度(逆行)今回の日蝕と同じ度数。
2016年09月10日 土星, 射手座11度

 

土星と海王星は松村先生がおっしゃっていたように、
最も難易度の高いアスペクトです。

土星が示すの「現実と限界」と、
海王星の「夢や理想」「無境界」とのコラボレーションです。

これが変わり目で、世界が向かっている方向が
どんどんわからなくなってしまって、今に至っていると感じます。

何が本当で、何がうそなのか?真実はどこ?
フェイクニュースとか、ファクトチェックということが言われ、
問題として一般化したものこの頃です。
右か左かといったイデオロギーも大きくゆらぎはじめました。

それは射手座の土星による「自由と真実を求める強固な意志力」の
介入によって引き起こされたと解釈していいのではないか…。

それは「赤い薬」を選んだ瞬間だったのかもしれません。

「これは最後のチャンスだ。先に進めば、もう戻れない。青い薬を飲めば、お話は終わる。君はベッドで目を覚ます。好きなようにすればいい。赤い薬を飲めば、君は不思議の国にとどまり、私がウサギの穴の奥底を見せてあげよう」

~ネオの前に青と赤の薬を差し出したモーフィアスの言葉~
映画「マトリックス」

混沌時代~魚座の海王星時代~を打開するものは?

順風満帆に行かないのが、スクエアですが、
海王星とのアスペクトは、想定外、人知を超えた、嵐やつなみに遭うような体験です。
サーファーや波乗りに長けた人だったら、ビッグウェイブの到来に心が躍るでしょう。
形を崩壊させ、現実的な境界を失くしてしまうのが海王星の影響です。
動きたくない人、物や形にこだわる人にとっては台無しにされてしまい困惑するでしょう。

これはたとえ話でもなく、
海王星は地球のあらゆる「水」や「液体」に関係し、
地球の気候をつくりだす雲の動き、海洋にかかわるスケールの大きな影響です。

ウィルスや細菌などの微細なものもそうです。
今人類は、この目に見えないウイルスをめぐって
日常生活を支配させ異常な事態を演出しています。

この人知を超えたマクロとミクロの働きに関連しているのが海王星です。

 

魚座の海王星に対して、スクエア関係にある射手座に
どんなアプローチが可能でしょうか?

火の力によって現状を打開する精神力です。
導き手は、真実への目覚め、向上心や探求心といった精神的な意欲だと言えます。

 

聖書の黙示録や、世界中に多くの予言書が存在します。
未来予言についての情報もたくさん湧き出しています。

占星術は天体の動きを解釈し、未来を予測することが
可能なジャンルのものではありますが、解釈によってそれは多岐にわたります。

未来や、世界の行方は決められてはいない。
世界線は常に変わり続けているといったほうがリアルです。

未来は決められていないし、道はひとつでもない。

射手座は火の柔軟サインですが、
その火の性質は、時代性と場によって変化します。

火のサインの中で唯一、ソーシャルサインに位置しますから、
集団の中から噴き出してくる火であり、集団に向けられる火です。

飛び火によっても燃え上がり、扇動的であり、
熱い議論、バトルトーク、一般市民などのデモ活動などがその一例でしょう。

射手座から次の山羊座、水瓶座、魚座は、
世界線を方向付けていく集団化のプロセスです。
だんだんとスケールアップしていき、
やがてワンネスのスピリットへと合流していきます。

 

火とは形なき、熱と光によって上昇する精神です。
未知の世界からの吸引、探求心が、旅立つ行動へと導くのです。

地球において天と地があるように、
ホロスコープの天と地は、MCとICです。

太陽系においての天は、天の川銀河の中心でしょう。
その銀河の中心は射手座の26度付近だと言われています。

変化のソースは、より高次からやってくると考えると、
それは銀河からやってくる…。

それを太陽が受け取り、各惑星に波及する。
太陽系第三惑星の地球もその変化の波を受け取ることになります。

話がスケールアップしすぎたかもしれませんが、
奇しくも、来る12月19日は満月は、ほぼ銀河の中心に
照準を合わせたところで迎えることになります!

さらに世界観がアップデートされるでしょう。

 

特に柔軟サインの射手座、双子座、魚座、乙女座の人は、
影響が強くどんどん変わり続けているはずです。
相談に見える方もこの4サインが多い傾向ですね。

 

さて、今のあなたにはどのように世界が見えているでしょう。

「心の火」はどこへ向かっているでしょうか?

どうぞ気軽にお問合せ、ご相談下さい。

 

アーカイブ