BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/11/29

タロットご感想(心の奥にある課題や使命)

こんにちは。内田ユミ(タロット)です。

 

「第三の眼」代々木店で
担当させていただくようになったのは、
今年(2021年)の8月。

 

今年は、私にとっても

占い師としてのお仕事の機会を広げる
きっかけをいただいた
印象深い年になりそうです。

 

お客様のご感想(内田ユミのタロット)

私が、「第三の眼」でのご縁をいただく前から、

オンラインで、私のタロットリーディングを
受けてくださっていた方が

先日、「第三の眼」代々木店に来てくださいました。

 

ご感想をいただいたので紹介させていただきます。

(掲載のお許しをいただいています)

 

 

==========

<第三の眼:ルーヴルの魔女のタロットリーディングのご感想>

 

Zoomでは受けていましたが、「第三の眼」でも受けてみたくて、2021年にやり残したことをテーマに 気軽に受けたのですが、とっても深くて有意義でした!


以下、Zoomと両方を受けてみての感想です。

カードの当たり方はどちらも同じくらいだと思ったのですが、対面のほうがユミさんの存在感がすごいというか、より「占い師」っぽいと思いました。
薄暗い部屋の中で、ユミさんのオーラが光っている感じです。

 

出るカードとそれへのユミさんのわかりやすい解説で、自分の心の奥にある課題や使命に光を当ててもらった感覚がありました。

私にはメンターが何人かいるのですが、メンターからアドバイスをもらっているような感じを受けました。

 

とても深くて役に立ったので、次は、2022年についてリーディングを受けます。

気になっている方は、ぜひ早めに受けることをオススメします^^

 

(加納敏彦さま)

==========

 

ご感想どうもありがとうございます。

たしかに、お店に入ると、
占い師スイッチが入る感じがします^^

 

 

「第三の眼」は、
物件としてのスペースは小さいのですが、

対面でセッションをするのに、
程よい広さのお店です。

 

前の通りには人が行き交い
喧騒もあるのですが、

まるで、洞窟のなかにいるような
不思議な落ち着きのある空間です。

 

占い師側の席から、外を見るとこんな感じです。

 

 

 

ルーヴルの魔女のタロットリーディング

「タロットは初めて」という方も、
「どういうものかよくわからない」という方も
ご心配はいりません。

 

ご相談を対話のなかでお聞きしながら、
カードを引き

その絵柄をお見せしながら、
順を追って、ひとつひとつお話ししていきます。

 

次第に、あなたの真の望みや、
問題の本質が明らかになり、

対応策まで浮かび上がって来るのが
タロットリーディングです。

 

 

忘れていた自分の願望を思い出したり

本当はわかっていた解決策を
再認識できたりしますので

ご自身の力で、人生を切り開いていく実感を
持っていただけると思います。

 

お客様側から見た店内

 

この投稿でご感想を紹介させていただいたお客様は
普段から、ほかのお仕事でも

お世話になっている方で、

このときに
店内で写真を撮ってくださいました。

 

いつも、このブログなどに掲載している
私の写真は自撮りで、
占い師側の席で写していますが

これは、「第三の眼」のお客様側の
席から撮っています。

 

こんな感じ。

内田ユミ店内

(※撮影時にマスクを外しました。鑑定中はマスクをしています)

 

私が担当しているのは、

第2、第4月曜日と第3日曜日です。

ご縁のある方のご予約を
お待ちしています。

▽詳細ページはこちらから
https://www.daisannome.biz/fortuneteller/yumi_uchida.html

 

 

アーカイブ