BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/07/22

夏土用入り 旧暦6月 水無月

連日暑いですね~。暑中お見舞い申し上げます!
第三の眼代々木店&オンラインのぐらはです。

 

7月10日の新月は蟹座でスタートしました。
旧暦6月1日。水無月(みなづき)、晩夏にあたります。

「水無月」は読んで字の通り「水が無い月」という意味です。

太陽がジリジリと照りつけ、水が干上がる盛夏です。
植物にとって過酷な季節。
放っておけば土はカラカラ、水分が足りずぐったりです。
人間も一緒ですね。汗が出れば、水分もミネラルも不足してしまいます。

 

暦に注目して、季節を確認しましょう。

7月19日に夏土用入りました。
これより18日間は「土の気」がもっとも強く働く期間です。
夏から秋へと季節がバトンタッチします。

土用明けは、8月7日の「立秋」
暦は秋に入ったことを告げます。
そう考えると秋も近し。早いものです。

 

土用については繰り返し書いてきましたが、
ガイア(地球)が季節を変転させるお仕事をする期間です。
「死滅」と「生成」作用による強力な「土のパワー」が働きますから、
自然を甘く見ずに、気象の変化、世相の成り行きなど、
内外の変化を感じる感覚を大切にしてください。

自然災害や人災とも言えるような事故も起きやすいので要注意です。
(すでに世界各地で、熱波や洪水など異常気象によって荒れています…)

 

夏土用は、年に4回ある土用の中でもっとも過酷です。
熱中症のリスクに、胃腸を壊しやすかったり・・・。
「気」が乱れやすくなりますから、心身が変化についていけなければ
不調を感じやすくなります。

暑気とエアコンの冷気とで、気温の変化でからだは大変です。
その上に、冷たいアイスやドリンクのがぶ飲みは
胃腸にダメージを与えやすいのでほどほどに。
外から、内から冷え攻撃をしていたら、
ホメオタシス(生体恒常性)を維持するには大変です。

土用と言えば「うなぎ」を連想すると思います。
夏バテには、スタミナ不足を補うという発想はありますが、
肉体労働が盛んなケースを除けば体内の調節機能の衰えでしょう。
私も覚えがありますが、オフィスワーカーは特にその恐れがあります。
これを勘違いして栄養に走ると悪化しかねません。ご注意を。

「夏の過ごし方が、冬の健康を決める」

お世話になった中医学のドクターから、
「夏こそ冷えに気をつける」と聞きました。
だから夏におすすめは「生姜」とのことです。ご参考に。

ちなみに土用丑の日は7月28日です。
うなぎじゃなくてもいいです。「う」のつくものをいただく。
「瓜」(きゅうりもゴーヤも、スイカもメロンも瓜の仲間です)、
「うどん」、「梅干し」(イチオシ!)

こうした風習の多くは、呪術的で、語呂合わせだったりです。
理にかなったものも多いでしょうが、生活を彩るイベントとして
取り入れて楽しんでみてはと思います。

土用は養生週間ですから、くれぐれも無茶せず
健康管理第一で乗り切りましょう。

 

この数年は、蟹座の新月をとても重要視しています。
なぜ、蟹座の新月が重要なのはまた別に書きたい思いますが…。

今月(旧暦6月)は
健康第一をテーマに、自分にとって最適な生活スタイルを、
考え直してみることをおすすめします。

自然治癒力に注目したり、
元気になれる生活習慣を取り入れることなど。

そして、そこから仕事や周囲の環境について見つめてください。
変えられることや改善できることに着手しましょう。

仕事でも人間関係でも、明るくなれず命が縮むような環境にいたら、
辞めた方がいいという決断もありです。

周囲の同調圧力に任せ、自分で判断することを放棄して、
自分の意見をしまい込み、長いものにまかれることを良しとしたら、
真の健康や安全が保障されるとはいえません。

 

人間は、かつてないほど特殊な状況に置かれていること、
自然から切り離されていることに気づくべきなのかもしれない。

異常気象や自然災害が深刻になれば、
命を守る選択や判断、サバイブするための最低限の必要について
考えなければなりません。

 

地球(ガイア)は1つの生命体である。

発表された当初は馬鹿にされたという「ガイア理論」ですが、
いまではとてもリアルな理論です。

地上に生息する人類。
その人類の爆発的な増加や、その活動がガイアにとって
ダメージを与えるようなものであるのなら・・・、

資源獲得のための掘削や、森林伐採や開発行為、
生物資源の搾取(野生生物の捕獲、漁業、畜産など)
プラスティックなど汚染物質による環境及び生態系の攪乱など…

人類こそが、ガイアを病気にさせるウイルスである。
ということです。

 

地球(ガイア)もまた大きな変化を迎えていると感じると、
ガイアのタイムラインに乗ること。
ガイアにチューニングすること。
は必須の感覚だと強く感じます。

私たちは、太陽系のガイアという宇宙船にのって、
進化の旅をしているですから・・・。

 

マクロ視点の話になってしまいましたが、
真の健康や、安全や幸福の基礎が、
地球とともにあることを感じ取ってみてはと思います。

今日もご飯が美味しく食べられたことに、
大地や農家さんに感謝!ってこと~です。

 

KOYOMI*旧暦水無月・晩夏の新月~次新月

7月
10日(火) ●蟹座の新月 旧暦6月1日・水無月・晩夏
17日(火) 上弦 月, 天秤座
19日(月) 夏土用入り 太陽, 蟹座28度
22日(木) 大暑 太陽, 獅子座01度/海の日
23日(金) スポーツの日/東京五輪開会予定
24日(土) ○満月 月, 水瓶座02度
28日(水) 土用丑の日/木星, 水瓶座に入る(逆行)
31日(土) 下弦 月,牡牛座と土星, スクエア
8月
07日(土) 立秋(土用明け) 太陽, 獅子座16度/旧夏越の祓い
08日(日) ●獅子座の新月 旧暦7月1日・文月・初秋

アーカイブ