BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2021/05/26

地球のタイムライン 春分について

こんにちは!
第三の眼・代々木&オンラインのぐらはです。

本日は話題の天文イベント、スーパームーンの皆既月食ですね。
時刻は20時14分。天気もまずまずですし日本全国で観測できそうです。

しかし、蝕(エクリプス)現象は古来より不吉なものとされてきたので、
見ない方がいいという話もありますね。
とにかくは、地球にとっても、感情レベルにおいて
強い作用がありますからご注意ください。

そんな日なのですが、しかももう夏至を迎えようという時ですが、
月蝕についてではなく、今年の春分について書きます。

今年の春分のメッセージについて、
その重要性について整理しておきたいと思います。

 

2021年春分は、金星とコンジャンクションでスタートしました。

「地球は平和や調和の道を進んでいきます」というメッセージです。
「地球が破壊から蘇生していくという宣言」であると解釈しています。
と、前のブログに書きました。

春分は昼と夜が同じ。陰陽中和のポイントです。
この瞬間に地球へ、太陽を仲介して新たな宇宙(銀河の)エネルギーが入ってくる。
ならば春分は、毎年ごとの地球の進化のタイムラインとして読むことができます。

社会状況の変化を読み解くマンデン占星術では、
太陽と月の蝕(エクリプス)を重視します。
これら周期的におきる現象は、地上に強力な作用を引き起こすからです。

では、春分と蝕(エクリプス)との違いや、
影響の優位性はどちらにあるのか?
その問いに対して「春分」だと言いたいと思います。
春分がファーストです。

 

個人の運勢的には、当然ながら個人差もあるでしょう。
蝕が関与した場合は、集団的な動向と無関係ではいられないからです。

日蝕や月蝕の日に生まれた人、出生図の天体(月、太陽、水星、金星、火星)にノードがコンジャンクション(オポジション)などアスペクトしている人は、世俗社会に対し影響力があり、それゆえにその影響に翻弄されやすくなります。
つまり周囲に影響されやすい人だと言えます。

それに対して「春分のパワー」に強く影響される人は、
周囲に忖度せず、影響を跳ねのけて、新しいことをしたいと思っている人です。
常に新しいアイディアを探しているような人ですね。

 

日蝕月蝕は、極めて地上的でカルマ的な影響と言えます。

春分は、銀河の中の地球の進化に同調することで、
世俗的な影響(集団的なカルマ)を超えていく力を持つでしょう。

 

今年の春分図を見たとき、
正直「えっ?」、軽いショックを受けました。

この数年は大国の覇権争いなど国際情勢不安や、
人類はコロナ禍という戦中下にあって、世界は混乱に満ちています。
格差や分断といった現象は、経済面だけでなく、情報のレベル、
個人の日常生活から、感情や精神的なレベルにおいても起きています。
これからいったいどうなるのか?といったなか、2021年春分を迎えたのです。

軽いショックの次に思ったのは、
春分のポイントに、破壊と再生を意味する冥王星が
スクエアを形成したのはいつだったのか?改めてその時期を確認しました。

 

過去の検証、地球の危機は2007年~2011年。
覚醒の2010、2011年。

春分が冥王星とタイトなスクエアを作ったのは、
2007年、冥王星とスクエア 射手座29度
2008年、冥王星とスクエア 山羊座2度
2010年、天王星とコンジャンクション(魚座27)、土星とオポジション(天秤座2度)。
2011年、天王星とコンジャンクション(牡羊座1度)

地球に、破壊と再生の衝撃が持ち込まれたのは、
2007~2011年です。

そして重要なのは、2011年は天王星とコンジャンクションの春分でした。
そうです。その10日前に、3.11東日本大震災が起きました。
日本のみならず、その衝撃は世界中の人々へ伝わりました。
目覚めの一撃が起きたのです。

この地震が人工的なものであったとか色々陰謀論としてあります。
もっと大きな被害が想定されていたという話をもあり、ゾッとするような話は沢山あります。
これまで地球はそうとうな破壊的な危機にありながらも、難を逃れてきた、助けられた。
といった感があります。それも地球のタイムラインの変化といったものなのでしょう。

私は恐怖マンガや謎の古代文明やUFOなど不思議なもの(なぜか学級文庫にそういう本が多かった)に興味を持つ方だったし、ノストラダムスの大予言やら日本沈没など、終末論カルチャーの影響を受けて育ったせいか、小学生のときから長生きすることなど(2000年まで生きられるなんて想像できなかった)考えられなかった。
そしてやはり、この特に2009年から12年までの危機感は強かった。
しかし2012年が過ぎて、地球は危機を脱した感を持ったけれども、
そもそも私自身が長生きするプランがなかったので「はて?どうしよう」と思ったのものです。

 

それから今年はもう2021年。もう10年も経っています!
人間社会は依然、変化に対して依然尻込みをしていて、
ジレンマを持ちづづけていて、古いパラダイムからなかなか脱せない。
そうこうするうちに、今は感染症のパンデミックのリスクにおびえている。

「なんだかすごい遅れをとっている」と感じたのです。

 

なので、平和で美しい世界を望むなら、
楽しく豊かな生き方をしていきたいのなら、
真剣にそれを望むこと。信じること。
それを実現するために、何ができるのか、何をしたいのかを、
しっかり考えていかなければならない時にきたのだと。

これは単純な選択で、個人の自由な選択です。
風の時代、個人の覚醒の時代と同期ですね。

あなたが、わたしが望むことで世界が変わる。
あなたが、わたしが実現する力と自由を持っている。

恐れや不安を手放し、選択の余地がないくらいの明快さで、
自分がしたい有意義な仕事や楽しい人生を生きるなら、
それが地球のタイムラインを変えることになるでしょう。

なので、カウンセリングにしてもホロスコープリーディング・セッションにおいても、
「金星」にスポットをあてて、金星強化リーディングをしていきたいと思います。
一緒に楽しい話やプランつくりができたらと思います!

(つづく)

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ