BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2022/06/18

ブレイクスルーと冥王星の関係(1)

こんにちは。大阪&オンラインの心理占星家・Kyokoです。

今月のブログテーマは『私のブレイクスルー』ですね。

このテーマをいただいてから、私の人生におけるブレイクスルー体験を振り返ってみました。

生き方が変わるレベルのインパクトあるブレイクスルー体験は、そう何度もあるものではありません。

振り返ってみれば、いずれのブレイクスルーのタイミングにも
トランジットの『冥王星』か、ソーラーアークの『冥王星』が
出生図の太陽に対してハードアスペクトでかかわっていたことに気づきました。

 

冥王星はブレイクスルーを応援する

みんなが怖がる冥王星、実はブレイクスルーの心強い味方なんです。

一般的に占星術の世界では『冥王星』は『死と再生』をつかさどる天体と言われています。

冥王星に付与されている『死』というキーワード。

これが、タロットカード『Death 死』と同様、人々を怖がらせているのです。

けれども『死』の後に『再生』があるのもお忘れなく!

 

ブレイクスルーとは『脱皮』し、新たな次元にシフトすること

『ブレイクスルー』とは、古い自分を葬り去り、新たな自分に『脱皮』する。

そういう出来事じゃないのかな、と私は思ってます。

ブレイクスルーにも色々あるかもしれませんが
少なくとも、私のブレイクスルー体験は、そうでした。

ブレイクスルーの面白いところは
これまでの延長線上に起こるにもかかわらず
ブレイクスルーした後は、明らかに、これまでの『私』じゃなくなるんですね。

新たな次元にシフトしている。世の中の見え方が変わる。

私のイメージするブレイクスルーは

  • 植物が地上に芽を出す瞬間。
  • 蛇の脱皮。
  • サナギから蝶に変わるとき。
  • 雛が卵から出てくる瞬間。
  • 赤ちゃんが母胎から出てくる瞬間

 

 

同じ私なのに、見た目や周囲の環境、住む世界が変わっている。
古きを葬り、新たに生まれ変わる。

殻を破って新たな世界に再誕生する。
この根本的な変容は、冥王星的体験です。

いったん母胎から出たら、子宮には戻らない。
いったん蝶になったら、サナギには戻らない。
いったん卵を割って出たら、もう卵の中には戻れない。

新たな世界で生きていくしかありません。

だから

「ブレイクスルーしたくない」「今のままでいたい」気持ちも、人間は持っているものです。

その場合

「ブレイクスルーしたいけど、したくない」という状態から
「ブレイクスルーするしか後がない」という状況に移行したときが
ブレイクスルーの起こり時といえるでしょう。

 

 

『こもる期間』『一見、変化がない期間』の重要性

いずれも、ブレイクスルーの前に『こもる』期間があります。

種は土の中で。蝶はサナギとして。雛は卵の中で。赤ちゃんは子宮の中で。

私たちは、変化がない、結果が出ない期間が長引くと
あきらめてしまったり、気持ちが他に行ってしまったりしがちです。

けれども

外部からは静かで動いていないように見える。

本人的にも何も変わりがないように思える。

そんなときも、実は内部ではジワジワと変容の過程が起きているものです。

『こもっている期間』が、とても、重要に思います。

だから、人為的に『ブレイクスルー』を急がせてはならない。

なんでも早く結果が出た方がいい、というわけではないんですよね。

人間の場合も、十月十日(280日間)の妊娠期間の後に生まれてきます。

これが、何らかの理由で早まると『早産』となり
赤ちゃんは未熟児として、生命の危険にさらされます。

さらに早すぎれば『流産』となり、この世には出てこれない。

 

 

『こもる期間』は危険と隣合わせ

卵やサナギも、ブレイクスルーが起こる前に、外敵に食われてしまうことがある。

植物の種も同様です。

 

こもる期間を安全に保ち、環境条件が整わなければ、ブレイクスルーできない。

ブレイクスルーに至る前の『こもる』期間は、とてもデリケートで危険と隣り合わせの期間です。

ブレイクスルー前の『こもっている期間に起こる変容』は
個として努力していることを前提として
人知を超えた『神の仕業』によるヘルプもあるような気がしています。

周囲のサポートは重要なファクターであり
そのサポートのひとつが、天の助けや、冥王星の助けというわけ。

 

私の具体的なブレイクスルー体験は、次のブログで書きます。

 

▶ 新メニュー『ブレイクスルー占星術』7月限定、モニター募集中です♪

 

▶ 西洋占星術、心理占星術を学びたい方は、こちら

 

 

『私のブレイクスルー』~2022年6月のブログテーマ~

アーカイブ