BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2020/04/23

豊かさの再定義 旧暦4月の新月

4月23日新月を迎えました。
旧暦では4月1日卯月。初夏にあたります。

サインは牡牛座の4度です。

 

木々がいっせいに芽吹く新緑の季節です。
街や公園では、花の祭典さながら
驚くほどさまざまな花が咲いています。

植物たちの変化の目覚ましいこと!

私たち人間は狭いところに閉じこもって
いったい何をしているのでしょう!

 

雨は大地を潤し、太陽は草木を成長させる。
「健康」の本質を自然は見せてくれます。

時折の強風や雨が降るたびに
コロナを洗い流し、浄化してくれている…
と思うのは虫が良すぎるでしょうか?

 

現在は春土用中です。

5月5日の立夏まで、
春から夏へと大地が変転します。

夏の準備をする期間です。

これから湿度も気温も上昇していきます。
すべてのものが伸びやかに成長していく季節。
じっとしていたら「からだの巡り」が悪くなる。

感染症に負けない免疫力を強化するのもそうですが、
やがて梅雨や過酷な夏がやってきます。
ますます体力が問われてきます。
今、しっかりと「健康的なからだ」つくりに取り組みましょう。

コロナも夏にはいったんの収束することを
期待したいです。

 

牡牛座は始めの土のサインです。

人体や大地など命をかたち造る
もっとも基礎的な物質に関連します。

 

毎朝のアナウンスも変わってきました。
「健康を保つため、家でも体を動かしましょう~」

コロナ自粛のお陰で、運動不足解消のため、
ボティワークに取り組んでいる人も増えたようです。
健康志向が高まって良い傾向ですね。

活動を止められて、大切なことに向き合う時間が与えられました。
それはみんな個人個人で違うでしょう。

 

今回の新月は10ハウスで、
天王星とコンジャンクションです。

牡牛座のテーマは、
安全で快適な生活を維持することですが、
お金や住む場所など、物質の確保だけでなく、
五感を刺激し、楽しみを求めることもそうです。

音楽やアート、美への憧れ、香りや美味しい食事など…
そんな感覚的な欲求が強くなるのも、
生存本能や成長欲求の表われでしょう。

こうした個人的な楽しみや贅沢、趣味について
これまでと違った取組みをしている人も多いはずです。

それは、この先の重要なキーになりますから、
自分の感性をどうぞ研ぎ澄ませて磨いてください。

 

「健康でいよう、楽しいことをして過ごそう!」
コロナに負けないキャンペーンが進行中です。

アーティストのお家ライブなど、
クリエイティブな表現者は、自分にできることを発信して
皆を元気づけてくれています。

行動が制限されるなか、不安と向き合い、
自分や社会を守るため、この状況を乗り切るために、
皆がそれぞれ思い思いの工夫をしてきました。

 

だだで起きない人類です!
実は「コロナのおかげ」がいろいろ出てきている。

考えようによって、現実はいかようにもなる。
自分次第だってことを実感している。
そんな自由な境地に、私たちは立てたのではないか…

 

アセンダントが獅子座で明ける新月は、
個々がソーシャルマナーを発揮して、
負けない!意志を、元気を宣言します。

社会を改善する力を持つ木星は、
5ハウスのルーラーです。

厳しい状況に危機感を持つ人は、行動せずにはいられません。
クリエイティブで独自の活動を展開する人が目立つでしょう。

特に文化を守りたいという自主的で熱のある行動が、
周囲を活性化させ、問題を解決していく大きな力になっていくでしょう。

火星はハードなアスペクトを作らず、協調的でオープンです。
今、争いの緊張がないことは安心材料です。

ネットワークを広げるチャンスの時です。

 

一方、この10ハウスの新月は、
6ハウスの土星とスクエアです。

政府の非常事態宣言の対応と進捗が焦点となっています。

政府はひとりあたり一律10万円を給付することを決めました。
その補償対応の実効性や、延期についてなど難しい判断が求められます。
医療現場は当然ながら、あらゆる現場への対応と要請に応えなければなりません。

政府は他国の対応と比較され、厳しい批判を受けています。
日本が国内外ともに説得力のある方針を示せるかどうかが課題です。

 

都市封鎖中のアメリカでは、
経済活動の再開を訴え、市民のデモが起きています。
自由、人権が阻害されることに黙っていられないのがアメリカ人ですね。
こうした政府と、国民の対立的な構図は際立ってきそうです。

 

水瓶座の土星は、
牡牛座の天王星とスクエアです。
そのテーマのひとつは「富の分配」です。

現在のコロナショックの対応としては、
「制限に対する補償」、「備蓄と分配」や「節約」、
といったテーマへの取組みが課題でしょう。

 

正確にスクエアを形成するのは、来年になりますが、
今後、大きな焦点となっていきます。

水瓶座の土星は、格差や不平等を解消するシステムを構築します。
ベーシックインカムや、物質的な価値のデジタル化など
新しいテクノロジーによる解決を意味するでしょう。

いずれにせよ、
革命的なシステムへ転換されることが予想されます。
新しい社会システムの変化を誰もが共有するでしょう。
わくわくするような展開が待っているかもしれません。

 

 

牡牛座4度のサビアンシンボル
「虹にある金の壺」です。

ファンタジックなシンボルですね。
しかしこれは実際に手にする宝ものではありません。

シンボリックな「富」や「幸運」です。

イメージは大切です。
あなたにとってこの「金の壺」はどんなものでしょう?

虹は天からの祝福です。
あなたに与えられた天命のような…

 

目には見えないけども、
あなたが持っていて確実に豊かさを生みだす宝もの
生まれながらの資質、才能、健康、経験、特技、
信用や人とのつながり…

 

土星と天王星が関与しています。

激変する社会状況に立ち会い、
かつてのような消費生活に戻れない可能性があり、
個人の欲求も制限されることを意味します。

生きていく上で、必要最低限
シンプルな生活への志向も強くなるでしょう。

この時代を生き残るため、新しく生まれ変わるために
必要なプロセスとなるでしょう。

これまでとは違う、「富」、「幸運」の概念を
描くことになります。

 

出身地から離れて生活してきた人は、
親元や、地元に対する思いが強くなるかもしれません。

「いつか地元に帰って」などということばを
多く耳にするようになったのも、ここ数年の傾向です。

 

このシンボルは、
活動の拠点や、自分がいるべき場所
自分の原点とか、ルーツに対する思いを強くさせるでしょう。

「私ははどこから来て、どこへ帰るのか」
自分のもっと深い部分を掘り下げるでしょう。

そして、それは血縁や実際の場所を
示しているとも限らないでしょう。

 

水星は大型天体たちー
冥王星、木星、土星、天王星と
ハードなアスペクトを作っていきます。

重要な舵取りのプロセスを進みます。
この先の日本の行方がかかってくるでしょう。

9ハウスの水星は、公開性が高いので、
厳しい状況にある医療現場など、さまざまな現場の
的確な情報公開や判断が求められます。

 

個人レベルでは、思考が強く刺激されるので、
さまざまな思いつきやアイディアが巡ります。

考えられるさまざまな想定に対して
対策やプランを立てていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

KOYOMIこよみ~卯月・初夏の新月~満月

23日(木) ●旧暦4月1日(11時25分)
24日(金) 植物学の日
25日(土) 水星と冥王星,スクエア
26日(日) 太陽と天王星,合/水星と木星,スクエア/冥王星逆行開始(~10月4日まで)
28日(火) 水星,牡牛座へ入る/金星が最大光度
29日(水) 水星と土星,スクエア/昭和の日
5月
01日(金) 上弦 獅子座11度の月/水星と天王星,合/八十八夜
03日(日) 憲法記念日
04日(月) 金星と海王星,スクエア/みどりの日
05日(火) 立夏(太陽黄経45度)/水星が外合/こどもの日
06日(水) 休日
07日(木) ○満月旧暦4月15日 蠍座18度の月(19時45分)

 

アーカイブ