BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/03/06

運を味方にする!

こんにちは。第三の眼 代々木店の光咲 葵です。

昨日(5日)は鶯(うぐいす)の初鳴きが宇都宮と熊谷で観測されました。

今日(6日)は「啓蟄(けいちつ)」 地中にいた虫が地上に這い出すころです。

どちらも春の知らせですね。

新年度にむけて、目標達成への話題をひとつ。

先日、テレビで「大谷翔平が花巻東高校1年時に立てた目標達成シート」というのを観ました。

昨年、大リーグでも二刀流で大活躍した大谷翔平選手。

彼はもともとの才能でここまでの実力をつけ、活躍しているものだと思っていましたが、そうではなかったんですね。

大谷選手が花巻東高校1年時に立てた目標は「ドラフトで8球団から1位指名される」ことでした。

その大きな目標を実現するために、次のような具体的な取り組みを目標にしました。

1 コントロール(を良くする)

2 キレ(のある球を投げる)

3 スピード160KM(を出す)

4 変化球(をマスターする)

5 体づくり(を行う)

6 メンタル(を強くする)

7 人間性(を向上させる)

8 運(を味方にする)

「8 運を味方にする」という項目に目がとまりました。

「運を味方にする」ために大谷選手はなにをしたのでしょう?

「あいさつ・ゴミ拾い・部屋そうじ・道具を大切に使う・審判さんへの態度・プラス思考・応援される人間になる・本を読む」だそうです。

「運とは何か」を辞書で調べると、「運とはその人の意思や努力ではどうしょうもない巡り合わせを指す。」とあります。

なるほど、人智をこえた力の働きですね。

大谷選手がしたことをみると「自己管理と周りの人のために生きる」ということになるのだと思います。

心理占星術コンサルで感じることですが、星が示す変化の時期と合った選択をし、飛躍している方も「運を味方にする」生活をされています。

「自己管理」ができて「為に生きる」生活をされている方は、困難が起きてもそれをチャンスに変える発想と力を身につけているのだと感じます。

トランジットの冥王星や土星の影響を「困難」と捉える傾向もありますが、変化を迎える準備ができていればよき転機とすることもできるはず。

2020年の冥王星、土星の影響に向けて今から「運を味方にする」準備をしていけるといいですね。

そのために自分の課題や資質、変化の時を客観的に知ることはとても役立ちます。

ぜひ「心理占星術コンサルテーション」をご利用ください。

じっくりコンサルテーションメニューも受け付けています!

http://www.daisannome.biz/blog/astrology/3742/

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ