BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/03/18

今月のブログテーマ「桜・旅立ちのとき」と9ハウス

こんにちは。

第三の眼代々木店の伊吹丹利(いぶきあかり)です。

 

全国の桜の開花予想日が出始めて、こどもたちの受検や

卒業式も一段落ついた頃でしょうか。

 

合唱曲『旅立ちの日に』と9ハウス

 

この季節になると思い出すのが『旅立ちの日に』という

合唱曲です。おそらく全国の多くの小中学校の卒業式で

歌われている名曲ですね。

 

この曲は、1991年に埼玉県秩父市のある中学校の校長先

生が当時の卒業生のために作詞し、音楽の先生が作曲した

ものを、先生方が生徒たちへのサプライズで歌ったもの

が、いつのまにか全国に広まったのだそうです。

 

白い光の中に 山なみは萌えて

遙かな空の果てまでも 君は飛び立つ

限りなく青い空に 心ふるわせ

自由を駆ける鳥よ ふり返ることもせず

勇気を翼にこめて 希望の風にのり

このひろい大空に 夢をたくして

(以下2番とサビに続く)

 

校長先生が生徒たちの門出に思いを込めて作った詩

美しいメロディーに多くの人が共感するのだと思います。

 

先日、9ハウスについての心理占星術トーク(新里先生&

石塚先生による)がアップされて(*)、その中で

10ハウスの手前である9ハウスは、知的探求とともに、

「冒険のハウス」であるというお話がありました。

 

狭い世界から新しい、広い世界へと希望と不安を胸に旅立っていく。

そして、あらゆる文化の物語の根底には共通して「冒険」

というテーマがある、とのことでした。

 

そういえば、昔、夫が『冒険者たち』(ガンバの大冒険)

が大好きだったらしく、そのマンガのテーマ曲を

しつこく歌っていました。。

 

『旅立ちの日に』という歌も、まさに9ハウスの歌なの

だな~と思います。

 

(*「心理占星術トーク」、「9ハウス」で検索するとみつけられます。

ご興味のある方はぜひお聴きください。)

 

旅立ちと時期表示

 

私事ですが、今から数十年前(?)高校卒業と同時に

実家を出ることになりました。

 

元々、何となく地元の学校の先生になる予定でしたが、

色々な要素が重なって、最終的には大変厳しかった父が

東京の学校に進学することを許してくれたのでした。

 

当時、家を出ることは考えられなかったので

その流れは劇的でした。

 

でも、振り返ると自分の中に未知の世界への憧れ、自由

への思いがあって、知らず知らずのうちにその流れの

きっかけを作っていたのだな、と思います。

 

その頃の主な時期表示です。

ソーラーアーク天王星(9ハウス)=MC

トランジット天王星 コンジャンクション 太陽(9ハウスルーラー)

トランジット土星 スクエア 月(山羊座)

 

まさに、独立・自由への希求、野心が際立つときですね。

 

ご自分やご家族のチャートで、9ハウス関連の天体が

ソーラーアークでMCに接触するときや、トランジット

で刺激を受けるときは、何らかの「旅立ちのとき」かも

しれません。新しい世界への挑戦です。

それぞれの『冒険』を応援したいですね。

 

 

山と旅立ちのとき

 

学生の頃、帰郷の際には実家から車で30分ほどの

岐阜羽島駅を利用していました。

 

新幹線の1~2号車に乗るためにプラットフォームの

端っこまで歩くと、視界が開けていつも遠くに車を

止めて立っている2人の姿が見えました。新幹線が発車

するまで見送ってくれた両親です。

 

その姿は背後の山なみとともに今も鮮明に脳裏に残っています。

 

その山なみをたどっていくと、一際高い伊吹山が見えます。

 

春先になると頂上が雪化粧されて、まるで別れの白いハンカチ

を振っているようでした。きっと、当時、その姿が旅立ちを

応援してくれているように感じたのだな~と思います。

 

占い師名「伊吹丹利」は、伊吹山からいただいたのでした(笑)。

 

「伊吹山」は私にとって「旅立ち」の象徴なのだなと思います。

 

ちなみに、占い師名を考えていたころの主な時期表示です。

ソーラーアーク月=冥王星(9ハウス)

トランジット冥王星 コンジャンクション 月

プログレス新月まで 約3か月

 

やはり9ハウスの天体が関わっていたのだな、と思います。

 

・・・・・

この季節、こどもたちを含めて多くの人が新しい世界へ

旅立とうとしていることでしょう。

占星術で時期表示を確認することは、その覚悟を決めるのに

とても役立つと思います。

私たちもいくつになっても「新しい世界への冒険」という

チャレンジを忘れずにいたいですね!

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ