BLOG 占星家・タロティストのブログ BLOG 占星家・タロティストのブログ

2019/04/29

ランチェスター戦略

こんばんは。第三の眼の代々木店の光咲 葵です。

最近、個人事業主の方のお話を聴く機会が増えてきました。

たまたま、「ランチェスター戦略」を学んでいる知人がいて、個人事業主の方に役立つかもと思ったので、ちょっと書かせていただきます。

「ランチェスター戦略」って聞いたことありますか?

「ランチェスター戦略」は「ランチェスター法則」という戦争理論から田岡信夫氏(19271984)が導きだしました。

独立起業を考える人と小企業経営者を対象にした経営戦略です。

1970年代前半のオイルショックの影響で、日本は高度経済成長期から一転して不況となります。

この不況時に企業が勝ち残るには、それまでの経営とは違う「科学的・論理的な経営戦略・営業戦略が求められる」と田岡氏は考え、「ランチェスター戦略」が生まれました。

エイチ・アイ・エスの澤田さん、ソフトバンクの孫さんは会社を興したときにランチェスター戦略を実践されています。

ランチェスター戦略とは簡単にいうと【弱者が強者に勝つための戦略手法】といえます。

テレビやニュース、ビジネス本などで大手企業の戦略事例などが紹介されますが、

中小企業が大手企業の事例を真似ても役立たないことが多いです。

また、中小企業の戦略は地味でいわゆるかっこよくないので、ほとんど紹介されません。

今は多様化の時代でありランチェスター戦略が必ずしも弱者すべてに当てはまるとは言えないかもしれませんが、個人事業主の方も含め事業を行っている方が知っておくべきことが書かれています。

例えば「戦略と戦術の違い」です。

「戦略は全社的競争の勝ち方のルール、戦術は繰り返し手や体を動かして働く仕事のこと」であり、競争に勝つためには戦略を研究しなければなりません。

ランチェスター戦略入門本では、戦略と戦術の違いから経営に関する手法が丁寧に説明されているものが多く、ビジネスで勝つためのポイントが良くわかります。     

「簡単に楽して儲かる」手法とは正反対の内容ですが、経営における本質を再確認できる教材だと思います。

関心を持った方はぜひ調べてみてください。

占星家・タロティスト

※五十音順

アーカイブ